瀬戸熊直樹、紆余曲折を経て、6万点超えの大トップ!! なにはともあれ嬉しい1勝!!

瀬戸熊直樹、

紆余曲折を経て、

6万点超えの大トップ!!

なにはともあれ嬉しい1勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕7日目、第1戦は瀬戸熊直樹TEAM雷電)が、トップを獲得。開局から先行したものの、一時はラス目まで下がった瀬戸熊。南場の親番で佐々木からハネマン・マンガンと3連続討ち取っての大トップを獲得。自身は内容に不満げだったが、まずは嬉しい1勝目獲得となった。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人、U−NEXT Pirates・石橋伸洋渋谷ABEMAS松本吉弘、そして瀬戸熊の4名。

東1局1本場、西家の瀬戸熊のリーチにドラで自風のをポンしている佐々木が一発で放銃。ピンフタンヤオ・赤1の8000点。瀬戸熊がスタートダッシュに成功。

東2局、まずは石橋がタンヤオチートイツ・ドラ2・赤2のダマハネマンをテンパイ。次のテンパイは親の松本。チートイツ単騎待ちでリーチ。同巡に瀬戸熊が123のサンショクのカン待ちでテンパイ。3者の待ち牌は各牌山に1枚ずつ。結果は松本が石橋に放銃で12000点。石橋がトップ目に。

東3局3本場、松本のカン待ちリーチに瀬戸熊がまっすぐ手を進めて放銃。イーペーコー・ウラ1の8000点。松本がやや失点をリカバリに成功。

東4局、石橋がピンフ・赤1のリーチをかけると、瀬戸熊も仕掛けてテンパイ。しかし瀬戸熊がリーチの現物を切ると、親の佐々木の手が開かれる。

・高めサンショク・ドラ1・赤1の高めにストライク。親のマンガンを決めて佐々木が2番手に浮上する。

南3局2本場、ポンポンチーと仕掛けてペン待ちテンパイの瀬戸熊。これにリーチの佐々木が飛び込んでドラ1の5800点。

南3局3本場、親の瀬戸熊のリーチに佐々木がを切ると一発放銃。ドラ3の18000点。これで瀬戸熊がトップに立つ。

同4本場、リーチで回復を図った佐々木だったが、みたび瀬戸熊のリーチに放銃の憂き目に合ってドラ1・赤2で12000点の放銃。これで瀬戸熊は6万点オーバーに。

オーラスも瀬戸熊がをポンして、自ら300・500のツモアガリを決めて試合終了。うれしい1勝目を勝ち取った。

瀬戸熊はインタビューで、

「初勝利で本当はうれしいはずなんですけど、内容も所作も自分の中では全然駄目で、ほめられた内容ではなかったなと、自分では思いました。今日は勝ったんですけど、勝って兜の緒を締めよじゃないですけど、しっかりしなきゃなと思いました。自分としては精度を上げないとということと、メンタルもだめだったんで、次気をつけます」

と語った。

【Result】
1着 瀬戸熊直樹・雷電 6万900点/+80.9
2着 石橋伸洋・パイレーツ 3万1400点/+11.4
3着 松本吉弘・ABEMAS 1万7000点/▲23.0
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 ▲9200点/▲69.2

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +170.9(6/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +159.6(6/90)
3位 EX風林火山 +43.9(6/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲21.9(7/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲25.5(7/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲43.7(6/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲105.3(7/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲178.0(7/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsPirates vsABEMASvs雷電」

「大和証券 Mリーグ2020」
10月15日の対戦は
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsPirates vsABEMASvs雷電

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!