佐々木寿人、魔王様がやりたい放題!! ハイスコア更新&最多7勝!! 卓の上には死屍累々!!

佐々木寿人、

魔王様がやりたい放題!!

今季最高スコア更新&

個人最多7勝目!!

卓の上には死屍累々!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕36日目、第2戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。佐々木は東場の親でバイマンをツモ、南場の親ではハネマンをツモるなど、暴虐の限りを尽くして7万点オーバーを達成。卓上を蹂躙し、個人最多の7勝目を獲得した。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして佐々木の4名。

東1局は、佐々木の1人ノーテンで流局。迎えた1本場。親の二階堂がと立て続けにポンして、きな臭い香りが匂い立つ。そこに北家の佐々木がリーチ。二階堂がをツモ切ると、これが佐々木の待ちに一発放銃。・赤1の8000点で、佐々木が先制打を放つ。

東2局は、佐々木のリーチに二階堂が追いかけて、奇しくも待ちを一発ツモ。ウラが1枚のって2000・4000。即座にリカバリに成功する。

東3局、二階堂が赤含みのカンをチーして、親の沢崎からカン待ちを討ち取り。アンコのドラが雀頭の8000点。このアガリで二階堂がトップ目に。

しかし東4局、今季絶好調の佐々木が大爆発。と仕掛けている魚谷に無筋のドラを切り飛ばして、リーチ・一発・ツモ・タンヤオピンフ・赤1・ウラ2の8000オール! 一気に5万点オーバーのトップ目に躍り出る。

佐々木は南4局の親番でも、沢崎のリーチに現物待ちで追いかけてツモアガリ。ピンフ・ドラ2・ウラ1の6000オールを加点し、もはややりたい放題。

同1本場、再び佐々木と沢崎のリーチ合戦。結果はまたも佐々木のツモアガリ。リーチ・ツモ・の2000オールでなんと7万点オーバーに。

同2本場、魚谷が2着狙いのリーチをかけるが、二階堂がピンフ・ドラ2のツモアガリを決めて2着キープで試合終了。佐々木が今季のハイスコアを更新する、ビッグゲームとなった。

佐々木はインタビューで、

「滝沢くんが明後日誕生日と言ってたんですけど、ウチの母がちょうど明日70歳の誕生日を迎えるので、いいトップを取れたと思います。(目標の500ポイントについて)最初に言った手前、最低でもクリアしたいと思います。1戦目、高宮選手が落ち込んで帰ってきましたけど、今日プラスで終えられたのでよかったと思います」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 7万2100点/+92.1
2着 二階堂亜樹・風林火山 2万6200点/+6.2
3着 魚谷侑未・フェニックス 9.8万00点/▲30.2
4着 沢崎誠サクラナイツ ▲8100点/▲68.1

【Total】
1位 EX風林火山 +350.4(36/90)
2位 渋谷ABEMAS +319.8(36/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 179.7(36/90)
4位 赤坂ドリブンズ +85.2(36/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲56.2(36/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲285.7(36/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲295.5(36/90)
8位 KADOKAWAサクラナイツ ▲297.7(36/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」 12月4日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:小林剛
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!