逃げる瀬戸熊直樹、追いすがる沢崎誠、強者が狂宴するオーラスの攻防【Mリーグ2020観戦記1/11】担当記者:山﨑和也

勝又だった。混老頭がいよいよ濃く見えてきており、前巡にを切ってターツを外している。もうまさに次がそのときでもおかしくない。

しかし簡単には打たない。もういまにも出そうな手になっているが、上図では1枚切れのを切る。ここで瀬戸熊に放銃するとラスが濃厚だ。1戦目に悔しいラスに沈んでいただけになんとしても避けたい。

そのためにはアガらないといけないジレンマ。が出て当然ポン。

粘ったがここでついに放銃となった。

瀬戸熊が12000は12300の大物手をついに決めてトップに立った。ようやく決まった本手に雷電ファンは安堵したことだろう。風林火山としてはつらい結果になった。

南3局2本場

このままフェードアウトしてもおかしくなかった勝又だが4巡目で強烈なテンパイ。イーペーコードラ2の手で、を切っての待ちでリーチをかけたくなるところ。

勝又はリーチをせずダマテンに取った。これは引きなどのもうひと工夫を見ただろうか。どういう形でフィニッシュするのか注目していると

簡単にをツモってしまった。これはこれで2000-4000は2200―4200の大きな加点。オーラスに着順アップの望みを託す。

南4局。瀬戸熊がひとり3万点台に浮いた状態でオーラスを迎えた。2着争いが熾烈である。勝又も先ほどのアガりで周りにとっては無視できない存在となった。

親は沢崎。配牌を見て口を尖らせる。

悪い。これはテンパイまで遠そうなうえに打点も見込めない。守備的にチャンタという感じに見える。第一打はとした。

勝又は配牌でイーシャンテンだったが一打目にを切った。これはチャンタを見た一打だろう。まだ序盤なので打点を作りにいく狙いである。なるほどと感じた。

2着の多井は満貫をアガればトップに立つ。しかし配牌が悪く、ちょっと厳しそうだ。

瀬戸熊はが対子だった。多井と沢崎の配牌がいまいちなことで「トップかなり見えてますよ」(解説の渋川難波プロ)という状況に。渋川プロのスカウターでは「90%」と算出された。

序盤で動きがあった。勝又が3巡目に切ったを見て

沢崎がすかさず鳴いたのだ。この手牌からポンをするのはなかなか勇気がいるが、門前では間に合わないと見たのだろう。を重ねての役牌か、タンヤオが狙いだ。

多井にはが入り、徐々に手が整ってきた。を引けば満貫が見えてくる。渋川プロのスカウターの数値がどんどん下がっていき、瀬戸熊のトップの座が危うくなってきた。

沢崎も字牌を落としきっていつの間にかタンヤオの十分形に。

ドラを引いて打とし、イーシャンテンになった。こう進んでみるとポンが好判断だったことがよくわかる。鳴いていなかったらイーシャンテンも厳しかったかもしれない。

瀬戸熊もイーシャンテンで、さえ出ればという状況。

勝又も構想通りチャンタが出来上がっていた。そしていま切ったに対し

沢崎がポン。なんとテンパイ一番乗りである。待ちはドラ表示牌のとやや厳しいが、2副露をして周りにプレッシャーをかけているのは大きい。瀬戸熊と多井が決して不用意に放銃したくない点数状況なのも沢崎を後押しさせる。

唯一真っ向から立ち向かっていくしかないのが勝又だ。ペンを引き入れてのシャンポン待ちリーチをかける。

は場に1枚切れで、山にあと1枚ずつ残っていた。

瀬戸熊と多井は完全に挟まれてしまった。沢崎がタンヤオ仕掛けで、勝又は第一打から真ん中の牌しか切っておらずチャンタ系の手が予想される。まずは多井がピンチだった。をツモったところで、その隣に切ろうとしていたがあるのがわかる。

勝又のリーチを受けての一発目、がポンされていることもあり出てもおかしくなかった。ちなみにツモったばかりの生牌で気味悪い。どうするか。

熟考の末、多井は勝又の現物のを切った。を止めたのだ。もし打っていたら3着以下が確定、最悪の場合ラスに落ちる可能性があった。

瀬戸熊は手堅く暗刻のを落とした。これで勝負は沢崎と勝又の勝負に。

沢崎はオリたら3着が確定してしまう立場なので押していくしかない。と通っていない牌も迷わずに切っていく。

沢崎の全力の攻め、瀬戸熊と多井の全力の受けの結果、ふたりテンパイで流局となった。沢崎のポン、多井の止め、勝又のチャンタ狙い構想の打など、見応え十分であった。勝負は次の局に持ち越される。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!