決定打を欠く混戦に終止符 我慢に我慢を重ねた黒沢咲、会心のオーラス一撃 麻雀最強戦2021「女流チャンピオン決戦」観戦記【A卓】

決定打を欠く混戦に終止符

我慢に我慢を重ねた

黒沢咲、会心のオーラス一撃

【A卓】担当記者:masasio 2021年3月21日(日)

最強戦2021は予選が進行中。

本日は「女流チャンピオン戦」

女性Mリーガーとタイトルホルダーが集結した華やかな対局から、A卓の模様をお届けします。

 東家スタート

日本プロ麻雀連盟所属

Mリーグ KADOKAWAサクラナイツ所属

岡田紗佳

Mリーグで経験を積み成長著しい岡田。

最強戦2020ではファイナル進出を成し遂げた。今年はもう一歩先のステージを目指す。

登場シーンもばっちりキマって気合充分だ。

 

南家スタート

 日本プロ麻雀連盟所属

井上絵美子

井上は昨年の麻雀最強戦「全日本プロ選手権」で女性プロとしては初優勝の快挙を成し遂げると、

そのままの勢いでファイナルでも勝ち上がり決勝へ進出。

結果は3位に終わったが大きな爪痕を残した。

今年もあの舞台に帰ってくることができるだろうか?

 

西家スタート

 日本プロ麻雀連盟

Mリーグ EX風林火山所属

二階堂亜樹

説明不要のトッププロ二階堂亜樹

最強戦ではファイナルまでは勝ち進むもそこから先が遠い。

まずは昨年に引き続き2年連続のファイナル進出を目指す。

 

 北家スタート

日本プロ麻雀連盟所属

Mリーグ TEAM雷電所属

黒沢咲

独特の打ち筋でファンを魅了し続ける黒沢。

Mリーグでの劇的なアガリは記憶に新しいところだ。

2着取りの予選でもトップを目指す大きな打ち方で最強戦でも奇跡を起こせるか?

予選A卓はMリーガー3人、また、全員が昨年のファイナリストという組み合わせになった。

予選にしておくにはもったいない組み合わせだが、早くもこの中から2人が姿を消すことになる。

小場で試合は進み、動きが出たのが東3局

二階堂の親リーチに仕掛けていた岡田が捕まる。

2着で勝ち上がりとはいえ、親リーチには勝負しづらい。

現物の切り、迂回のトイツ落としなど選択肢はあったが岡田は迷わず勝負。

結果は、裏ドラが1枚乗って5800の放銃になってしまったが、迷わず打ち抜いた岡田の姿勢も良かった。

二階堂の捨て牌は端牌が多く、情報が少ない。

対して自分打点こそ無いがテンパイ。ここで手が止まるようでは先が思いやられる。納得の放銃だろう。

東3局1本場

前局まっすぐ攻めた岡田に好配牌。

役牌2種類がトイツ、ドラのもトイツというアガれば最低でもマンガンというチャンス手だ。

岡田は第1打にを選びドラトイツを固定した。

岡田はがスムーズに鳴けてイーシャンテン。

二階堂もテンパイが入るが岡田の仕掛けを見てダマテン

リーチを掛けないならを切ってテンパイを外す選択もあっただろうが、自身がトップ目なのでほとんど行く気がないのだろう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!