内川幸太郎、絶妙の攻守でセミファイナル初勝利!! 6度のアガリを成就して、ABEMASを追走!!

内川幸太郎、絶妙の攻守で

セミファイナル初勝利!!

6度のアガリを成就して、

ABEMASを追走!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル12日目、第1戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。南場の親番で連荘に成功した内川が、6回のアガリをものにしてセミファイナル初勝利。ファイナル進出ボーダーの風林火山・滝沢はラスに沈み、黄信号が灯った。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうEX風林火山滝沢和典渋谷ABEMAS白鳥翔、そして内川の4名。

平たい点棒状況で迎えた東3局1本場。内川の【1マン】【4マン】待ちリーチに、ラス目の鈴木が【3ピン】【6ピン】待ちで追いかける。内川が【6ピン】を掴んで放銃。ピンフ・赤2の8000点。内川がラスに転落してしまう。

しかし南1局、親を迎えた内川が奮闘する。【南】【西】と仕掛けて6巡目にホンイツのテンパイ。仮テンのような【8ピン】をツモアガって2600オール。まずはラス抜けに成功。

つづく1本場、8巡目にピンフ・ドラ1の【2ピン】【5ピン】待ちを即リーチ(ドラ【3ピン】)。【5ピン】をツモって2600オール。これでトップに浮上する。

さらに2本場、今度は滝沢から4巡目にリーチが入る。ピンフ・ドラ1の【3ピン】【6ピン】待ち。次巡、内川にもドラ1のテンパイが入る。しかし待ちはカン【3ソウ】。内川は即座に追いかける。この【3ソウ】を滝沢が掴んで、ウラが1枚。7700プラスリーチ棒のアガリで内川がリードを広げる。

この後、南2局には鈴木とのリーチ合戦に競り勝って、リーチ・ツモ・イーペーコー・ドラ2・赤1の3000・6000を獲得。5万点オーバーのトップ目に。

オーラスは、ラス親を落とせない滝沢がテンパイ取りから白鳥に放銃。ピンフタンヤオ・ドラ3の8000点で白鳥が2位、ファイナル進出がかかった風林火山・滝沢は4位に沈んだ。

内川はインタビューで、

「久しぶりにたくさんアガれて、相変わらずドラもいっぱいきて、ポイントをチームに持って帰れてうれしいです。まだ1戦残ってますし、ファイナルも12戦残ってますので、気を抜かず最後まで打ち続けたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎・桜井 5万2000点/+72.0
2着 白鳥翔・ABEMAS 3万3900点/+13.9
3着 鈴木たろう・ドリブンズ 1万3200点/▲26.8
4着 滝沢和典・風林火山 900点/▲59.1

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +485.8(15/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +337.8(15/16)
3位 赤坂ドリブンズ +49.6(15/16)
4位 EX風林火山 ▲89.1(15/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲98.3(16/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲346.1(16/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ12日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月30日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2020 ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsABEMAS

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!