勝又健志、大仕事!! 上位陣に3着4着を押し付ける完璧な並びで、風林火山 5勝獲得!!

勝又健志、大仕事!!

上位陣に3着4着を押し付ける

完璧な並びで、

風林火山 5勝獲得!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナル5日目、第1戦は勝又健志EX風林火山)が、トップを獲得。東3局の親番で一発ツモのマンガンを決めた勝又がトップ。3位に沢崎、4位に多井という並びで、首位がサクラナイツに入れ替わる。さらに風林火山もトップまで100余ポイントまで肉薄。優勝争いはまったく予断を許さない状況となった。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠渋谷ABEMAS多井隆晴、そして勝又の4名。

流局で迎えた東2局1本場、南家・勝又が6巡目に【7ピン】を切ったところ、村上から「ロン」の声。すでにタンヤオ・ドラ1・赤1のヤミテンが入っていた。この試合、勝又は放銃からのスタートとなる。

しかし次局、親番となった勝又は終盤にテンパイ。赤1の【7ピン】【8ピン】のシャンポン待ちで即リーチ、そして【8ピン】を一発ツモ。多井のドラポンと沢崎の仕掛けを追い抜いての4000オール。勝又が1局でトップ目にのし上がる。

東4局3本場、勝又は【東】ポン、【赤5ピン】チーと仕掛けて【9ソウ】【北】のシャンポン待ち。リーチの多井が【北】を掴んで【東】【北】・ドラ1・赤1の8000点。勝又がリードを広げる。

南1局、どうしてもトップが欲しいドリブンズ・村上の最後の親番。しかし無情にも沢崎のリーチ・ツモ・赤1の1000・2000のツモアガリで流れてしまう。

オーラス、焦点は村上と沢崎の2着争い。1500点差で追う立場の村上、リーチ・ドラ1の【4ソウ】【5ソウ】待ち。現在ラス目の多井は、ハネマンをツモれば2着に浮上する。かつ村上に放銃したとしても、サクラナイツの3着落ちは歓迎するところ。

というわけでまっすぐ手を進めた末に、ツモればハネマンのテンパイを入れた多井はリーチを宣言。しかしその宣言牌は【5ソウ】。村上のリーチ・ドラ1・ウラ1のアガリで多井は5200点の放銃。

上位2チームが3着4着で終了、風林火山にとっては最高の並びで試合を終えることができた。

勝又はインタビューで、

「そうですね、トップを取れたんですけどまだまだ差はあるので、次のことで頭がいっぱいです。残り2戦のうち1勝して、最終戦でトップなら優勝という位置につけられるようにというのが、ひとつの目標です」

と語った。

▲試合の大勢を決したラス牌一発ツモ!

【Result】
1着 勝又健志・風林火山 4万7600点/+67.6
2着 村上淳・ドリブンズ 2万7300点/+7.3
3着 沢崎誠サクラナイツ 2万3600点/▲16.4
4着 多井隆晴・ABEMAS 1500点/▲58.5

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +209.3(9/12)
2位 渋谷ABEMAS +167.8(9/12)
3位 EX風林火山 +98.6(9/12)
4位 赤坂ドリブンズ ▲88.0(9/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部
6位 TEAM RAIDEN/雷電
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 ファイナルシリーズ5日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 ファイナルシリーズ」
5月17日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:瀬戸熊直樹
解説:黒沢咲
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!