多井隆晴、1戦目の日向のリベンジ達成!! さらに、4シーズン通算100万点達成!!

多井隆晴、1戦目の

日向のリベンジ達成!!

さらに、4シーズン通算

100万点達成!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕16日目、第2戦は多井隆晴渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。多井が5回のアガリを成就して、第1試合の日向のラスを帳消しにするトップを奪取。2着には朝倉がつけた。

第2戦の対局者は、U-NEXT Pirates朝倉康心KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗セガサミーフェニックス茅森早香、そして多井の4名。

東2局、北家・多井と親の伊達のリーチ合戦。伊達はなんとツモリ四暗刻。対する多井はリーチ・イーペーコーのペン【7マン】待ち。「(1戦目の)日向がラスでなければリーチしませんでした」と語った多井が、伊達から【7マン】を討ち取り役満を阻止。2600プラスリーチ棒をゲット。

多井は東3局に、自風【西】を鳴いてドラ2・赤1のマンガンをリーチの茅森から直撃し、点棒を積み上げる。

南2局には、南家・朝倉がタンヤオの喰い仕掛けでリーチの茅森から、ドラ2・赤1の8000点を仕留める。

南3局、2番手の朝倉の親番を多井が、【白】・ドラ2の3900点で流す。

オーラスは朝倉が2着キープの700・1300をアガって試合終了。多井が今季2勝目を獲得した。また多井はこの勝利で、Mリーグ4シーズン通算100万点を突破した。

多井はインタビューで、

「(1戦目ラスの日向選手が)けっこう落ち込んでて、こっちは『始まったばっかりだし、そういうこともあるよ』と思うんですけど、本人はマイナス100くらいになって気にしてたんで、日向の分もトップを取りたいと思ってました」

と語った。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 5万1900点/+71.9
2着 朝倉康心・パイレーツ 3万4700点/+14.7
3着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 1万9200点/▲20.8
4着 茅森早香・フェニックス ▲5800点/▲65.8

【Total】
1位 EX風林火山 +359.1(16/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +42.6(16/90)
3位 セガサミーフェニックス +18.5(16/90)
4位 渋谷ABEMAS +11.2(16/90)
5位 U-NEXT Pirates +3.1(16/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲29.1(16/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲95.4(16/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲310.0(16/90)

大和証券 Mリーグ ABEMASvsPiratesvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月29日の対戦は渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ABEMASvsPiratesvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!