白鳥翔、完璧なゲーム回しで3勝目! 依然、今季0ラス記録も継続中!!

白鳥翔、

完璧なゲーム回しで3勝目!

依然、今季0ラス記録も

継続中!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕33日目、第1戦は白鳥翔渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。起家でハネマンをツモった白鳥が、盤石の試合運びで逃げ切りトップ。9戦して未だ0ラスという安定ぶりで、ABEMASは中位陣にさよならを告げた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山松ヶ瀬隆弥TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして白鳥の4名。

東1局、流局で繋いだ1本場。親の白鳥が【赤5ソウ】を切ってピンフ・ドラ1の【6ソウ】【9ソウ】待ち。他家のテンパイに先んじて【6ソウ】をツモアガリ。2600オールで白鳥が先行する。

同2本場、北家・村上のマンズ染めを横目に見ながら、マンズのくっつきを残した白鳥。うれしい【赤5マン】ツモでピンフ・赤2の【6マン】【9マン】待ちでリーチ。松ヶ瀬が追いかけるも、白鳥が【6マン】ツモアガリ。ウラが1枚の6000オール。東1局にして、大幅なリードを獲得する。

以降は、拮抗する松ヶ瀬・瀬戸熊・村上の三者が潰し合い、白鳥の思惑通りに局が進行する。

オーラスは松ヶ瀬がくいタンヤオ・ドラ1・赤1の1000・2000をツモアガリ。トータル首位の強みか、余裕の2着取りで試合終了。

白鳥が9戦3勝0ラスという好調ぶりで、個人6位に浮上した。

白鳥はインタビューで、

「今日、来る前に僕の恋人の松(本選手)とケンカみたいになっちゃって、僕がやられたらメンタルが落ち込んでたからやられちゃったんじゃないかな、って松がなっちゃうかなって思ったんで、今回のトップだけは松のためにがんばりました。以上です」

と語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 4万9700点/+69.7
2着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 2万9400点/+9.4
3着 瀬戸熊直樹・雷電 1万6600点/▲23.4
4着 村上淳・ドリブンズ 4300点/▲55.7

【Total】
1位 EX風林火山 +611.7(33/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +349.8(32/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +121.0(32/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲24.4(33/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲156.1(32/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲174.7(32/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲239.9(33/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲487.4(33/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月29日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!