君は見たか 目に映る景色を一変させた魔王の一撃を【Mリーグ2021-22 観戦記3/22】担当記者:ZERO/沖中祐也

君は見たか

目に映る景色を一変させた

魔王の一撃を

文・ZERO/沖中祐也【火曜担当ライター】2022年3月22日

【第1試合】

東家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部
南家:朝倉康心U-NEXT Pirates
西家:魚谷侑未セガサミーフェニックス
北家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

都内で季節外れの雪が降った。

「何かが起こりそうだな」

この日実況を担当する小林未沙は直感したという。

群雄割拠

ファイナル争いが混沌としている。

2位から6位までが1回のトップラスで入れ替わるほどの僅差で、どのチームも予断を許さない状況である。

セミファイナルは4/8までの電撃戦。

スポーツ界のならわしで、こういったいわゆるプレーオフではラッキーボーイの台頭がチームを優勝へと導くことが多い。

虎視眈々

今夜は、レギュラーシーズンでくすぶっていた4人が集まった。

その4人は、必ずレギュラーシーズンでの借りを返さんと、我こそがラッキーボーイになりチームを優勝へ導かんと、孤高のリングへ向かったのだった。

「ツモ、4000オール」

朝倉康心 レギュラーシーズン+68.8

麻雀環境を整え、感覚を取り戻し、今年は飛躍の年になるはずだった。

プラスでまとめてはいるものの、シーズン中盤10万点超えのトップを取るなどして一時期は200ptあったことを考えると、まだまだ納得はいっていないだろう。

「ツモ、20004000は21004100」

魚谷侑未 レギュラーシーズン-128.7

この日、魚谷の手先が震えていた。

一昨年MVPに輝いてからというもの成績が伸び悩んでいる。麻雀内容も精神も全くぶれていないのに、ただただ牌がついてこない。

チーム戦ゆえの重圧が、魚谷の指と魂を震わせているのか。

「ツモ、20004000」

内川幸太郎 レギュラーシーズン-139.7

昨シーズン+468.7を叩き出した内川も、今シーズンはおとなしい。

セミファイナル一戦目を任されたチームの意気に応えたい。

こうして、3人のツモツモツモで迎えた東4局。

暗中飛躍

ざわざわ…

場内に緊張が張り詰める。

朝倉が三元牌を全部トイツにしたのだ。

朝倉の脳裏に2019シーズンのファイナルにて親の大三元をツモり、優勝に大きく近づいた記憶がちらつく。

「ポン」
「ポン」

すぐに2つポンできてこの形。

ラッキーボーイは朝倉になるのか。

この仕掛けを受けた魚谷の手牌。

くっつきのイーシャンテンだが選択が難しい。

【5マン】【6マン】【6マン】【7マン】【6マン】は強い。

【7ソウ】はドラそば。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!