【神域リーグ第1節観戦記】第二試合 郡道美玲vs白雪レイドvs松本吉弘vsFra【文・縦鳥千波】

第二試合 郡道美玲vs白雪レイドvs松本吉弘vsFra

【文・縦鳥千波】

【第二試合】

チームアキレスからは、チームのアキレス腱と、多井監督に呼ばれた郡道美玲選手が登場。初戦4着の監督の、スコアを取り返せるか。
チームアトラスからは仕掛けの多いスタイルのAランク白雪レイド選手。チーム2連続トップにエイムを合わせていきたい。
チームヘラクレスからは松本吉弘選手。6回しかないSランクの出場枠!
チームゼウスからはラッパーのFra選手。和了を先取。ききたい拍手とワードチョイス。期待です!

東1局

まずは先制でドラドラ一盃口のテンパイを入れたFraがリーチ!

そこへ完全一向聴をいれていた白雪レイドも追いつきもちろんリーチ!
最初から好形でぶつかる。

安牌に困った郡道美玲は上家に通っていない打【8マン】
これは打【7ピン】が良かったと、試合後に反省していた。また、時間が限られている大会のため、事前に安牌を探すという改善策がでていた。次からの試合に期待である。

結果は白雪がFraから2600ので出アガリ!
大事なめくりあいを制した。

東2局
先制テンパイをいれていた親の松本吉弘のところへ、対面の白雪から早いリーチが入る。
ドラを引いた松本だが、これもプッシュ! 当たったら高いとはいえ、序盤のリーチで放銃率はかなり低い牌だ。押したほうが圧倒的に得だ。

見事テンパイを維持した松本が2900をリーチしていた白雪からアガる。
ここから、松本の連荘が始まる。

まずは【5ソウ】【北】のシャンポンでリーチ!
1枚しか残っていないが【北】がねらい目で、うれしい変化が少ない手牌で、親の先制リーチの価値が高い。

そこへ一向聴をいれていた白雪が【北】をひいてしまう!
白雪の選択は打【8ピン】! 放銃を回避した。
【9ピン】が4枚きれたことをちゃんとみた丁寧な一打だ。

海底で郡道が【7ソウ】【赤5マン】を切ってテンパイをとれる場面。
郡道選手はドラの【5マン】を切ってテンパイ!
筋の【8マン】がとっていて、ドラではあるが【4マン】を先にきってあることや、【4マン】が四枚見えていることから、手順上当たりにくい牌である。
ドラではあるがしっかり勝負して、テンパイ料をもらった。
テンパイ料をもらうか支払うかで、2500点変わるため、実は大きな差だ。
そして、流局で親は連荘。

続く2本場
白雪はターツオーバー雀頭がないところであるが【東】をポン!
やはり、鳴かないと和了率が大きく下がる。また、供託があるため、アガリの価値が少し大きくなる。彼らしい仕掛けがでた。

そこへ親の松本が自模って跳満以上確定の三面張リーチ!
打点も待ちも十分な親リーチだ。

白雪もテンパイ! これをアガって親を止めると値千金のテンパイだ。

しかし、結局、松本が自模り、6000オール!

さらにダブ【東】トイトイを1鳴きで完成させ満貫のあがりアガリ!

東2局4本場
親がまたもダブ【東】で仕掛けをいれているところ。
テンパイをいれた郡道、一巡迷ったが、やはりリーチ。
全員が【5ピン】【3ピン】を切っており、カン【4ピン】は場況がいい。打点は低いが、リーチしたほうがいいだろう。恐れずリーチしたのが素晴らしい。
一方、場況の悪そうなペン【7マン】でテンパイしている白雪はダマテン
Fraもホンイツの一向聴まできている。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!