日向藍子、リーヅモ嶺上開花ドラ9!! 親の12000オール炸裂!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

日向藍子、

リーヅモ嶺上開花ドラ9!!

親の12000オール炸裂!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の18日目、第1戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。東3局親番で三倍満のアガリを決めチーム8勝目、首位を走るチームをさらに高みへ上げる半荘とした。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹、そして日向の4名。

東3局の親番を3着目で迎えた日向。北家・内川のリーチを受けるも一発目から無筋の【5ソウ】【3ピン】【6ソウ】と切り飛ばしリーチドラ3の【6マン】【9マン】リーチを敢行、すぐにドラをアンカンし、嶺上牌から引き寄せたのは【6マン】。さらに裏ドラが5枚乗り、リーチ・ツモ・嶺上開花・表ドラ4・裏ドラ5の12ハンで親の三倍満、12000オールのアガリを決めた。

そのままリードを守り切り、オーラスでは親の瀬戸熊のリーチを受けながらここでも押し切って2000・4000のツモ。自力で

日向はインタビューで、

「ラッキーと恵まれている展開が多かったですね。(中略)10月、ABEMASにとって絶好調の月だったのですが、月が替わってまっさらな気持ちで打とうと思ったら手牌に恵まれて、大きなトップを取ることができました。チームの目的は優勝なので、しっかりと積み重ねていきたいと思います。」

と語った。

【Result】
1着 日向藍子渋谷ABEMAS 6万5800点/+85.8
2着 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ 2万6700点/+6.7
3着 瀬戸熊直樹・チーム名 6400点/▲33.6
4着 村上淳赤坂ドリブンズ 1100点/▲58.9

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +518.4(17/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +147.8(18/94)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +125.2(17/94)
4位 EX風林火山 +14.8(18/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲109.9(17/94)
6位 U-NEXT Pirates ▲129.4(18/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲182.9(18/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲384.0(17/94)

大和証券Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvs雷電 

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!