咲き乱れる冬桜 岡田紗佳が掴み取った チームを救う三倍満【Mリーグ2022-23観戦記12/5】担当記者:江嵜晋之介

咲き乱れる冬桜
岡田紗佳が掴み取った
チームを救う三倍満

文・江嵜晋之介【月曜担当ライター】2022年12月5日

第1試合


東家:松本吉弘(渋谷ABEMAS)
南家:滝沢和典(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
西家:岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)
北家:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

Mリーグ2022シーズン12月5日。
同日ABEMAで放映されたW杯の日本VSクロアチア戦では、前大会準優勝チームに延長戦まで持ち込む健闘を魅せるも、PK戦にて惜しくも敗退となった。

日本中が熱狂に包まれたW杯だが、サッカーの良い点の1つにルールの明解さがあると個人的に思う。未経験者でも初見である程度のルールを理解でき、なんだったら人と場所があればすぐにでも始めることができる。

対して麻雀はルールが複雑で、普及のための弊害になる面はありつつも、その「複雑さ」にこそゲームとしての面白さが詰め込まれている。1対1ではなく4人同時に対戦することによって生み出される展開は、見る人の想像をしばし超え、これまでも度々感動を与えてきた。

12月5日第一試合、アガりを目指す者とそれを阻止する者の思考が交差する展開が続いた。

東1局
9巡目、親番松本の手牌。


孤立していた【東】を重ねたところ。
カン【8ソウ】が3枚切れており、【東】を重ねるか、【5ピン】【6ピン】【6ピン】から【5ピン】【7ピン】を引いて【7ソウ】【9ソウ】を落としていく想定だったところに、打点も狙える嬉しい【東】を引く。打【6ピン】としてリャンメンを固定する。


そして2巡後、魚谷からツモ切られた3枚目の【4ピン】をチーして打【7ソウ】とする。

【東】後付けのイーシャンテン。東は途中で偶然重なった牌なので、捨て牌からの情報ではタンヤオなどの他の役も否定されておらず、他家からポロリとこぼれる可能性があると踏んでの選択だ。

その直後、魚谷の手牌。


愚形が残るものの、自風の北が暗刻で123の三色も見える。オリに回ったときの牌も困らなそうなので、得意の鳴き仕掛けもあり得そうだ。

しかし松本のリャンメンチーから危険を察知し、打南での回し打ちを選択する。

「今のうち!」【東】を切ってしまいたくなるが、自身の手牌の価値を冷静に判断し守備を選択。結果論ではあるが、もしここで魚谷が【東】を切っていると、当然松本からポンが入り


この【7マン】が松本の元へ行き、4,000オールのアガリとなっていた。魚谷の堅実な守備意識が、松本のアガリを防ぐファインセーブに繋がる。

【東】は既に1枚切れているため、残り一枚を魚谷に抑えられた松本にアガる道筋は残っていなかった。この局は終盤にダマテンを入れていた滝沢がツモり、満貫をアガる。

ツモ一盃口ドラドラ。今シーズンまだトップが無い滝沢だが、幸先の良いスタートを切る。

続く東2局、岡田が8巡目にリーチをかけ一発でツモ。3,000-6,000の大物手を成就させる。

一見すると特に選択もなく簡単に仕上がったように見えるが、実は短い道中に一つの選択があった。


5巡目、岡田はこの手牌から【8ピン】を切った。


テンパイまでの有効牌が一番多いのは打【2ピン】で、打点・好形が残りやすいのは打【8ピン】。前者はいわゆる5ブロック打法で、後者は6ブロック打法だ。

今回の場合だと打【2ピン】とした場合でも【3ピン】の受けが消えないため、速度的にはより打【2ピン】が有利になるが、親番滝沢の手が遅そうなので手を作る猶予はあると読んだか、【5ピン】【8ピン】を暗刻にする受けは消えるものの好形が残る打【8ピン】慌てず手を育てる。

この判断が功を奏す。次巡見事に【3ピン】をキャッチ!


残った愚形の【5マン】【7マン】を外し、ピンフを作っていく。
そして【6ピン】を引き入れてからの【1マン】【4マン】リーチで一発ツモ。

岡田の判断が冴え渡り、滝沢を抜いてトップ目に立つ。

その2人のトップ争いに割って入ったのが松本だった。
東4局、松本はドラの発を暗刻にした勝負手を入れる。


滝沢が切った【2ソウ】をポンしてカン【8マン】のテンパイ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 近代麻雀戦術シリーズ新刊!