魚谷侑未、苦しいチーム状況に歓喜の凱歌!! フェニックス、最下位脱出まであとわずか!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

魚谷侑未、苦しい

チーム状況に歓喜の凱歌!!

フェニックス、最下位脱出まで

あとわずか!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の41日目、第2戦は魚谷侑未セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。開局に6000オールを引き当てた魚谷が快走。ラス前に瑞原に逆転されるも、オーラスできっちり差し返して3勝目。フェニックスは8位のBEASTに16.5ポイント差にまで詰め寄った。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘俱楽部・高宮まり渋谷ABEMAS松本吉弘U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして魚谷の4名。

東1局、起家の魚谷が8巡目に先制リーチ。ピンフ・赤2・高めイーペーコー【4ピン】【7ピン】待ち。高めの【4ピン】をツモって6000オール。魚谷がスタートダッシュに成功。

以後、魚谷がトップの座を譲ることなく進行して迎えた南3局2本場、瑞原がドラ表示牌のカンチャン待ちをリーチして、【赤5ピン】でツモアガリ。2000・4000で魚谷を逆転。2400点まくってオーラスへ。

オーラスはラス親の松本がリーチをかけるが、魚谷が喰いタンヤオ・赤1の500・1000をツモアガって再逆転。魚谷が今季3勝目を獲得した。

魚谷はインタビューで、

「東1局の、麻雀が与えてくれた6000オールがあってすごくツイてたんですが、けっこうすぐ捲られちゃいそうな状況になったんですけど、このツキをもらってトップで帰りたいなという気持ちがほんとに強くて、オーラス配牌にお願いしてました」

と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 3万9600点/+59.6
2着 瑞原明奈・Pirates 3万8500点/+18.5
3着 高宮まり・麻雀格闘俱楽部 1万9100点/▲20.9
4着 松本吉弘・ABEMAS 2800点/▲57.2

【Total】
1位 EX風林火山 +267.0(36/96)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +247.3(36/96)
3位 U-NEXT Pirates +226.7(38/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +125.2(36/96)
5位 赤坂ドリブンズ +97.4(36/96)
6位 渋谷ABEMAS +58.8(38/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 +41.3(36/96)
8位 BEAST Japanext ▲523.7(36/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲540.2(36/96)

大和証券 Mリーグ 麻雀 格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvsパイレーツ

11月27日(月) 19:00 〜 11月28日(火) 00:00

詳細情報
KONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 麻雀 格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvsパイレーツ

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/