萩原聖人、4から1への大逆転!! 雷電、7位の風林火山を突き放す!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

萩原聖人、

4から1への大逆転!!

雷電、7位の風林火山を

突き放す!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の81日目、第1戦は萩原聖人TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。全員が2万点台で迎えたオーラス、萩原が4着からトップに突き抜けるマンガンツモで個人5勝目をゲット。雷電は7位風林火山に80ポイント差をつけることに成功した。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎渋谷ABEMAS多井隆晴BEAST Japanext菅原千瑛、そして萩原の4名。

東3局、西家・菅原が【1ピン】をアンカンした手牌でリーチ・ツモ。ドラ2・赤1・ウラ1の3000・6000。菅原がトップ目に立つ。

次局、ハネマンを親被った多井がピンフ・ドラ1・赤1をリーチ・一発・ツモ。3000・6000で菅原をわずかにかわしてトップ目が入れ代わる。

菅原・多井の並びで迎えたオーラス、現在ラス目ながらマンガンツモでトップまでうかがえる萩原が先制リーチ。タンヤオ・ドラ1・赤1のツモれば逆転のカン【6ピン】待ち。

親で3着目の内川も【3マン】【6マン】待ちでおいかける(ドラ【4マン】)。菅原もテンパイを入れていたが、決着は萩原のツモアガリ。4着から1着という劇的なトップで、萩原が個人5勝目を獲得した。

萩原はインタビューで、

「逆転トップ… つかれました。監督がね、今季大きくプラスにはなってなくても内容をすごく評価してくれていて、僕を軸にローテーションを組んでくれてることが、そこでほんとに結果を出したかったんですよ。だからまだまだ試合は続きますけど、今日はすなおにうれしいです」

と語った。

【Result】
1着 萩原聖人・雷電 2万9800点/+49.8
2着 菅原千瑛・BEAST 2万7400点/+7.4
3着 多井隆晴・ABEMAS 2万6200点/▲13.8
4着 内川幸太郎サクラナイツ 1万6600点/▲43.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +534.2(71/96)
2位 U-NEXT Pirates +363.7(72/96)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +272.0(70/96)
4位 赤坂ドリブンズ +221.6(72/96)
5位 渋谷ABEMAS +19.5(73/96)
6位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲186.9(73/96)
7位 EX風林火山 ▲266.9(72/96)
8位 BEAST Japanext ▲432.5(71/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲524.7(70/96)

大和証券 Mリーグ サクラ ナイツvsABEMASvs雷電vsBEAST

2月12日(月) 19:00 〜 2月13日(火) 00:00

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
BEAST Japanext
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラ ナイツvsABEMASvs雷電vsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/