鈴木大介、背水のトップ!! 菅原のリカバリを成し遂げて ボーダー戦線に踏み止まる!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

鈴木大介、

背水のトップ!!

菅原のリカバリを成し遂げて

ボーダー戦線に踏み止まる!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の86日目、第2戦は鈴木大介BEAST Japanext)が、トップを獲得。開局にマンガンを失った鈴木だったが、好配牌からのホンイツのハネマン・松本からのマンガン直撃と高打点をものにして6勝目をゲット。ボーダー戦線にギリギリ踏みとどまった。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ渡辺太渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲、そして鈴木の4名。

東1局、西家・黒沢のリーチに鈴木が飛び込む。ピンフ・ドラ1・赤1・ウラ1の8000点。黒沢が最初のアガリを決める。

東3局、ドラの【發】を2枚もらった鈴木は配牌からホンイツ一直線。【東】を仕掛けて、わずか4巡目にテンパイ。次巡あっさりとツモアガってホンイツ【東】・ドラ2・赤1の3000・6000。鈴木がラス目から一気にトップ目に回復する。

東4局1本場、鈴木は8巡目に【1ピン】【4ピン】【7ピン】待ちのリーチをかけて、テンパイの松本から一発で【7ピン】を討ち取る。赤1・ウラ2の8000点で鈴木がリードを広げる。

トップ目が変わらず迎えたオーラス、黒沢がマンガンをツモアガって3着に浮上して試合終了。鈴木が一戦目の菅原の無念を晴らした。

鈴木はインタビューで、

「(残り20戦でボーダーとの点差について)まずは自分がチームの足引っ張りまくってたんで、今年に入ってから。肩身が狭いっていうか、みんなやさしく接してくれるんですけど、申し訳ないなというのがあったんで…。もう一つはチーム自体が団子状態になってきて展開はいいんですけど、ビリなんで背水の陣っていうのはかわらないのかなって。かなり厳しい闘いだと思うんですけど、チャンスがある限りはチーム全員で追いかけていければなと思いますね」

と語った。

【Result】
1着 鈴木大介・BEAST 万00点/+54.8
2着 渡辺太・ドリブンズ 万00点/+7.6
3着 黒沢咲・雷電 万00点/▲19.6
4着 松本吉弘・ABEMAS ▲万00点/▲42.8

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +432.4(76/96)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +431.4(76/96)
3位 赤坂ドリブンズ +266.3(76/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +199.9(76/96)
5位 渋谷ABEMAS +97.7(78/96)
6位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲293.6(78/96)
7位 セガサミーフェニックス ▲333.1(76/96)
8位 EX風林火山 ▲342.2(76/96)
9位 BEAST Japanext ▲458.8(76/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs雷電vsBEAST

2月20日(火) 19:00 〜 2月21日(水) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
BEAST Japanext
実況:小林未沙
解説:村上淳
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs雷電vsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/