「ピンフ」が決まらない世界を勝つ〜猿川真寿、殊勲の個人8勝目【Mリーグ2023-24観戦記 3/15】担当記者 千嶋辰治

ピンフ」が決まらない
世界を勝つ〜猿川真寿
殊勲の個人8勝目

文・千嶋辰治【金曜担当ライター】2024年3月15日

第2試合

東家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ
南家:醍醐大セガサミーフェニックス
西家:猿川真寿BEAST Japanext
北家:松本吉弘渋谷ABEMAS

序盤にチャンスの波が訪れたのは内川。
東1局

「赤川幸太郎」の異名を持つ内川、2巡目までに赤ドラ3枚をモノポリー。

中盤に【6ピン】をチーして打【3ソウ】。カン【6ソウ】のテンパイを取るが、二分の一の待ち選択が裏目。

即座に【4ソウ】を引いてしまい、最終的に醍醐のかわし手に足をすくわれてこの手は成就せず。

直後の東2局。ドラは【7ソウ】

今度はドラ暗刻に赤ドラ1枚。
解説の石橋伸洋が思わず「ドラ川幸太郎」とつぶやいた高打点配牌を得る。

中盤、

この形のイーシャンテンから打ち出した【4ピン】に松本が反応。

 

ソウズの両面ターツを払ってピンズの一色へ寄せていった。

そして、終盤。

まずはホンイツトイトイへ渡り切った松本がテンパイ。
そして親の内川も相次いでテンパイ。

愚形ながら、ドラ3赤の大物手。
当然リーチと出て場が沸騰。
両者のめくり合いとなったが、和了は松本の手に。

安めながら【6ピン】を手繰り寄せて、ホンイツトイトイ三暗刻赤の3,000-6,000。
対して内川は2局連続で高打点テンパイを蹴られる苦しい展開に。

そして、このゲームを決定付けた和了が東3局で飛び出す。
ドラは【3ピン】

今度は親の猿川にチャンス。
ドラ2枚に【赤5ソウ】が格納されている。
さらに、

 

【赤5マン】、ドラの【3ピン】を引き入れ、卓上のドラ7枚のうち5枚を占有。

【赤5マン】【3マン】がくっついて、タンヤオ含みのイーシャンテンに。
と、ここから一気に場が加速する。

先にテンパイした内川が先制リーチ。
【3ソウ】【5ソウ】【7ソウ】のリャンカン形から、待ちを中スジのカン【4ソウ】に取った。

同巡の醍醐。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/