【 #神域リーグ2024 第14試合観戦記】打ってアガって大暴れ 乱打戦の中に見えた、#緑仙 の成長【文 #後藤哲冶 】

ルイスからリーチが入るも、このペン【7ピン】をチーして果敢に勝負。

これをトップ目村上から捉えることに成功。
【1ピン】を即座にカンしたのも、良い目くらましになったか。
これでもう一度戦線復帰。

東4局

この局はルイスの手順が素晴らしかった。
チートイツのイーシャンテンでかつ、ソーズのホンイツやらも見えるこの手牌から

ルイスが選んだのは【6ピン】
メンツ手だけ見切りをつけて、チートイツトイトイホンイツへ向かう一打。
瞬間赤【赤5ピン】の重なりを見ているのも、ポイントが高い。

これをトイトイに仕上げて、トップ目咲乃から討ち取り!
これで誰がトップになるかまったく分からなくなった。

南1局1本場

緑仙がここから【2ピン】を選択。
マンズ579を使って、三色かドラを使ってのリーチを狙っていく構え。
安全度には大差がないので、より端の牌を残す【2ピン】切り。

が、間が悪いことに、咲乃から【2ピン】切りリーチがかかる。
そして、そのタイミングで緑仙も手が進んでしまった。
【2マン】が暗刻になってのイーシャンテンは、当然勝負形。【1ピン】を切っていく。

この【1ピン】が、咲乃への当たり牌。
本人は下手だったと言っていたが、これは致し方ないように思う。
【2ピン】【1ピン】の安全度は、流石にあの時点では【1ピン】の方が安全なのだから。

更に咲乃が加点を重ねる。
続く南2局ではルイスとのリーチ対決を制して、12000のアガリ。これで大きくトップに近づいた。

南2局1本場

放銃に回ってしまったルイスだったが、この【9マン】切りが面白い。
【赤5ピン】が出て行ってしまうリーチのみには興味なく、赤【赤5ピン】が出ていくならマンズの一気通貫でリーチをかけたいという打点意識の一打。
実際この後【4マン】を引いて来るがこれもツモ切り。良い進行だ。

ドラのカン【3マン】を引き入れて、一気通貫のリーチ敢行。
これでもう一度浮上を狙いたい。

この時、緑仙にも良い手が入っていた。
【白】がトイツの、イーシャンテン。
ルイスからのリーチが入った直後に、【白】がルイスから放たれる。

緑仙はこれをスルーとした。
点棒状況が厳しい。この【白】を鳴いての3900よりも、リーチしての8000点以上を狙うスルー。
5mにくっつけば、【白】を対子落としをしていくコースも残る。

そしてスルーした直後、見事【4ピン】を引き入れた。当然のリーチ敢行。

どちらのチームもできれば4着は回避したい。
そんな二人のめくり合いは――

ルイスに軍配が上がって。裏ドラ2枚の12000点。
緑仙にとってここでの3着ルイスへの放銃12000点は。
事実上の4着濃厚のアガリとなってしまったのだった。

トップには、咲乃もこ

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/