鈴木たろうの猛追!! 茅森を交わしてドリブンズが首位奪還!!

鈴木たろうの猛追!!
茅森を交わして
ドリブンズが首位奪還!!

12月21日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、赤坂ドリブンズ鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。
鈴木はこれで8勝目。個人順位3位に上昇。
チーム18勝目、EX風林火山を交わして、首位となった。

対局者は、
EX風林火山勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷ABEMAS多井隆晴(RMU)、
セガサミーフェニックス茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして鈴木。

並びは、勝又・多井・茅森・鈴木。

東3局1本場、茅森のリーチに鈴木がメンホンで追いつく。
ヤミテンから両面に変化した多井がリーチをかけるも、宣言牌が茅森に御用。
12000の放銃となって、茅森がトップに立つ。

同2本場、多井がドラ単騎でリーチをかける。
しかし多井がツモ切ったが無情にも、茅森のロン牌。
ダブドラ3・赤1の18000で茅森が大量リードを築く。

南1局は三つ巴となる。
多井がピンフでリーチ。
親の勝又が負けじと3フーロでテンパイ。
そして鈴木が待ちで追いかけリーチを敢行。

結果は、多井から鈴木への放銃となって、タンヤオ・ドラ3・赤1のハネマンのアガリとなった。
ここから鈴木の猛追が始まる。

オーラスのラス親で茅森を逆転した鈴木。
同3本場では、茅森が再度逆転のリーチをかける。
しかし逆に茅森が勝又のリーチに放銃し、鈴木のトップが確定した。

鈴木は勝利者インタビューで「2018年をトップで締めくくることができて嬉しいです。みなさんも良い新年を迎えていただきたいと思います。」と語った。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)4万5200点/+65.2
2着 セガサミーフェニックス茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)3万5300点/+15.3
3着 EX風林火山勝又健志(日本プロ麻雀連盟)1万9400点/▲20.6
4着 渋谷ABEMAS多井隆晴(RMU)100点/▲59.9

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +256.8(55/80)
2位 EX風林火山 +189.2(53/80)
3位 TEAM雷電 +6.6(56/80)
4位 渋谷ABEMAS ▲60.8(55/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲123.3(54/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲126.7(51/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲141.8(56/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvsフェニックス

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!