『M.L.STADIUM』にMリーグの未来の胎動を見た!!【高田馬場】

Mリーグ 仕様の麻雀が打てる!

Mリーグレギュラーシーズンとファイナルの間の2月。

東京・高田馬場にある「M.L.STADIUM」(MLスタジアム)さんに行ってきました。

この日はMリーガー、赤坂ドリブンズの園田賢プロがゲスト、ということで超満員でした。

▲この日17時には待ち席に20人以上!

麻雀卓は全部で8卓+1卓(これには秘密があるので後ほど)。そして待ち席には20人ほどおられました。

園田プロがゲストに入られるのは17時からだったのですが、園田プロが卓に入る前からこの盛況。この後もどんどん来られていました。

▲ご覧のように大盛況でした

Mリーガー人気は本物だった!!

Mリーガー21人の中で一番“株価”が上がったのは間違いなく園田プロでしょう。Mリーグのドラフトで最初に名前を呼ばれたのが、「園田賢」という名前。

「誰?」と思われた方もいたと思いますが、今や押しも押されぬ、人気・実力ともトップの、「Mリーグの申し子」です。

Mリーガーになる前は、ゲストに入っても来てくださる方が少なかったそうですが、今やこの状況。ご本人も感動されていました。

 

そんな「トップMリーガーと戦いたい」。麻雀をやっている者なら思うことです。園田プロは普段スーパーサラリーマンとして働いているので、ゲストに入ることがあまりない“レアキャラ”なので、なおのことチャンスがあるときには戦いたいです。

 

ここ、MLスタジアムは「麻雀という“競技”を楽しむ」ということに特化しています。

ルールもMリーグルール。

麻雀を楽しむために来店している人もいれば、将来Mリーガーになりたい、という人も多数来られている「競技場(スタジアム)」になっています。

中でも特徴的なのは「ゲストと同卓する方法」です。

一般的には「同卓希望」を店員さんに伝え、順番に同卓していきます。

でも「MLスタジアム」は違います。お店の開店は10時からなのですが、その日の麻雀対局で「勝ち数」が多い順に、Mリーガーと戦う権利が与えられます。

強いプレイヤーが、Mリーガーと戦えるのです。

これが他の雀荘と一線を画するところで、1Dayマッチの様相です。

園田プロもMリーグで見るあの「魔法の鳴き」、そしてリーチした後の「捻りツモ」をされていました。はたで見ているだけで感動しました。

限りなく”Mリーグ ”を再現!!

そしてMLスタジアムには麻雀卓が8+1卓ある、と書きましたが、その1卓は「白」の麻雀卓。そう、Mリーグのカラーです。店内もMリーグの対局場をイメージし、再現した形になっています。

さらにこの「白い麻雀卓」…… Mリーガーとの対局の時しか使わない「聖域」となっています。ゲストが来られないときは決して使うことはありません。

MLスタジアムで「白い麻雀卓」で戦ったことがある、というのは「強い」ということを意味するのです。

▲選ばれし者だけが打てる「聖なる白い卓」

その「強さ」を磨くために、オンラインで成績データを見ることができます。勝敗や4位回避率などはもちろん、誰と戦ったか、そして対戦相手別の対戦成績を見ることができます。

さらに「チーム」も組むことができます。

そう、まさに「Mリーグ」を再現することができるのです。

チームでTシャツを作って、「今日はあのチームがいるな」と競い合うこともできます。

その「チーム戦」についてはMLスタジアムさんが今後企画していくということですので、今からトップランカーの人をオンラインでチェックして親交を深める、というのもアリだと思います。

場所は高田馬場駅から徒歩1分の好立地。HPの地図を見ていただけるとわかりますがJR駅からロータリーに向かい、信号を渡るのですが、信号待ちをしていたら、道路越しにすぐに看板を見つけることができ、とてもわかりやすいところにあります。

システムは1ゲーム500円。ゲーム前に払って、あとは対局に集中するだけ。わかりやすいシステムです。

取材の日、外国の女性の方が来られていたのですが、それぐらい初めての方でも安心して打てます。(といいながらその女性の方は強く、対局早々「2600」と気持ちよい発声をされていました)

 

他にもMリーグのチームをイメージしたドリンクや、EX風林火山、TEAM雷電のグッズも販売しています。

▲ドリンクもMリーグ仕様!

あと雀荘の店員といえば「エプロン」のイメージがありますが、MLスタジアムの店員さんはMリーグをイメージして「オリジナルポロシャツ」を着ていて、かっこよかったです。

また店員さんもプロ雀士で、Mリーグやタイトルを目指されています。

 

もし自分がチームを組むのなら、この「MLスタジアム」メンバーの監督になるか、別チームを作ってこの「チームMLスタジアム」と戦いたい。