松本吉弘、 勝利に涙は似合わない!! ファンに笑顔で1勝目を報告!!




松本吉弘、
勝利に涙は似合わない!!
ファンに笑顔で1勝目を報告!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の21日目第1戦は、松本吉弘(渋谷ABEMAS)がトップを獲得。松本は待ちに待った待望の1勝目、これによりABEMASは3位に浮上した。

1回戦の対局者は、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、そして松本

東1局は、朝倉と高宮のリーチ合戦。鈴木も仕掛けてテンパイ。しかし和了ったのは松本。タンヤオ・ツモの500・1000で開局を制する。

東2局は、高宮の仕掛けに松本がリーチで被せる。リーチ・ピンフ・赤1の手を高めイーペーコーを高宮から仕留め8000点のアガリ。

東4局、松本の親番。鈴木が先制リーチに出ると松本が現物待ちでヤミテンに構える。そして松本、これをツモアガリ。ピンフ・ドラ1・赤2の4000オール。

このアガリで松本がダントツとなり、以降トップを譲ることなく松本が初勝利を手にした。

勝利者インタビューで松本は「(初トップをとって)応援してくれている方、チームメイトの3人、監督に、やっとありがとうと言えます。この1勝は自分にとって、ABEMASにとって、大きな1勝だと思ってます」と語った。

【Result】
1着 松本吉弘・渋谷ABEMAS 3万6000点/+56.0
2着 高宮まり・KONAMI 麻雀格闘倶楽部 2万7300点/+7.3
3着 朝倉康心・U-NEXT Pirates 2万3900点/▲16.1
4着 鈴木たろう・赤坂ドリブンズ 1万2800点/▲47.2

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +127.5(20/90)
2位 TEAM雷電 +81.5(20/90)
3位 渋谷ABEMAS +76.8(21/90)
4位 EX風林火山 +30.1(20/90)
5位 U-NEXT Pirates +27.5(21/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲10.4(20/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲136.4(21/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲196.6(21/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月1日の対戦は
大和証券MリーグPirates vsドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

キャスト

U-NEXT Pirates
赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:勝又健志
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

U-NEXT Pirates vs赤坂ドリブンズvs KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする