滝沢和典、リーチ成功率100%!! 風林火山が首位を奪還!!

滝沢和典、
リーチ成功率100%!!
風林火山が首位を奪還!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の40日目第2戦は、滝沢和典(EX風林火山)がトップを獲得。滝沢は起家での連荘に成功し、その後もすべてのリーチをアガり切ってトップを獲得。風林火山はサクラナイツを交わして首位に返り咲いた。

2回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・園田賢、渋谷ABEMAS・松本吉弘、TEAM雷電・萩原聖人、そして滝沢。

滝沢は東1局1本場、2本場と共に松本から5800を直撃し、先行する。

さらに東3局2本場も、リーチ・タンヤオ・ツモ・ドラ1のマンガンを加点。南1局の親番では、6巡目にドラのそばのカン待ちでリーチ・イーペーコー・ドラ1の7700を萩原から討ち取り、盤石のトップに。

滝沢はオーラスも、ラス親の園田のリーチにドラのを切って待ちで追いかけリーチを敢行。さらに萩原もリーチをかけて、3軒リーチに発展。

しかし結果は、滝沢の一発ツモ。赤1の2000・4000をダメ押しして、ダントツのトップ。風林火山がトータル首位に返り咲いた。

勝利者インタビューで滝沢は「圧倒的にツイてました。東1局の親番をキープできるかどうか、とういうところで次局以降にうまく繋げたのがイケたなと思いました。(PVの会場は)テレビ朝日のホームなので、気合が入りました」と語った。

【Result】
1着 滝沢和典・EX風林火山 6万8100点/+88.1
2着 松本吉弘・渋谷ABEMAS 1万9300点/▲0.7
3着 萩原聖人・TEAM雷電 1万2300点/▲27.7
4着 園田賢・赤坂ドリブンズ 300点/▲59.7

【Total】
1位 EX風林火山 +171.2(40/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +115.1(40/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +28.5(40/90)
4位 渋谷ABEMAS +27.4(40/90)
5位 TEAM雷電 ▲6.4(40/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲79.0(40/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲115.4(40/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲141.4(40/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

12月3日の対戦は
ドリブンズvs風林火山vsABEMAS vs雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 赤坂ドリブンズvs EX風林火山vs渋谷ABEMAS vs TEAM RAIDEN / 雷電

この記事のタイトルとURLをコピーする