サクラナイツ・内川幸太郎の2019年エクストラ・ラウンド、勝負の南単騎リーチ!【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

サクラナイツ・内川幸太郎の

2019年

エクストラ・ラウンド

勝負の単騎リーチ!

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年12月19日

この日の1戦目、サクラナイツ内川幸太郎は窮地に立たされていた。

ラス争いをしていたはずの渋谷ABEMAS松本吉弘が起死回生の跳満を決め、単独で4着に落とされてしまっていた。

こうなると、3者のアガリ競争となるため、辛い展開になりやすい。

しかし、それでも何とか手を作り、テンパイ料で差を詰めると…

耐えに耐えた5本場で、タンヤオドラ3の大物手をリーチ!

これを力強くツモり、見事な跳満で3着に浮上した。

最低限の仕事は果たした、という安堵の表情。

これで内川の2019年のMリーグは一旦打ち納め。

後は連盟のA2リーグの最終節を残すのみだろう…。

なんて思っていたら、モニターから内川の連投を告げるアナウンスが。

これには多くの視聴者からも驚きの声が上がった。

実はサクラナイツは明日も試合があるため、打ち納めは明日だったのだ。

かくして内川の2019年、Mリーグでのエクストラ・ラウンドが始まった。

2回戦

東家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

南家 村上淳赤坂ドリブンズ

西家 内川幸太郎サクラナイツ

北家 日向藍子渋谷ABEMAS

試合はTEAM雷電・瀬戸熊がリードする展開に。

内川も東3局1本場に七対子のイーシャンテンから、瀬戸熊のカン待ちの追っかけリーチに放銃してしまう。

瀬戸熊が後から引き入れたによって、読みが狂わされた格好だ。

さらに南1局には、村上のメンホンリーチが襲いかかる。

内川はこのリーチに、マンズの清一色で仕掛けて対抗。

ドリブンズの魂のを無情にも喰い取った。

喰い取ったように見えたが、4枚目のを持ってきたことにより、が押し出されて放銃。

1戦目と同じく、4着に落とされてしまう。

だが、ここで崩れないのがMリーガー内川。

をポンしたその手には、ドラのが暗刻で入っている。

が1枚切れなのを見て、のシャンポンに受ける。

日向のリーチ宣言牌を捉えて8000点のアガリ。

放銃しても粘り強く立ち直る、まるで”マムシ”の異名を持つ沢崎誠のようだ。

3つ巴になって迎えた南3局、内川の配牌は良くもなく悪くもなく。

対して現在3着目の瀬戸熊は、ドラが暗刻の大物手。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!