これぞTEAM雷電の麻雀!卓上も卓外も黒沢咲のサプライズは止まらない【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

小林の仕掛けと言えば早い!安い!と思われがちだが、それだと麻雀は勝てない。特にMリーグのような赤があって、トップが偉いルールだとなおさら。

手牌自体はアガリにくいが、もうホンイツ赤1のマンガンが出来ている…ともいえる手。仕掛けて相手を牽制している内に手を作る。小林の得意パターンだ。

しかしここでがくっつき、方向転換。バックの赤1の二千点の手牌にあっという間に変化した。小林の仕掛けは本当に柔軟だ。

親の黒沢が終盤にテンパイ取らず。

勿論、のシャンポンでドラのを叩ききってリーチするのも面白いとは思うが、黒沢はそれを好まない。

そもそもが小林の仕掛けにソウズが高く、さらにが1枚切れ。ここはにくっつけてのピンフドラドラのリーチを目指したい。

を引いて待ちに取らずにドラ単騎。が場に切られすぎている。

黒沢は自身の特技をドラ引き!だと言っているが、このドラのはもう山には残っておらず、引けない。

沢崎がリーチ宣言!

巡目も終盤で、小林もをポンしている。依然、ホンイツ風味な捨て牌。

自分の手も567の三色まで見れる勝負手だが、567の三色を目指す為には小林に危ないソウズを切る事になる。

なら自分の手もピンフドラ1の勝負手。ここはリーチだ。

黒沢が手替わり!

降りる選択はもう無い。ドラのも中筋とは言え、黒沢は切らないだろう。シャンポンにでも放銃したら目も当てられない。

考えるべきは、切りの待ちか?

切りの待ちの二点の選択だ。

が3枚見え。もバラバラと見えている。ここは通りやすそうなを切ってのピンフドラドラのリーチしかないな…。と思っていた。

「リーチ!」

しかしここは切りリーチの待ちで勝負に出た!

これはもう自己都合以外考えられない。

すなわち、の危険度ではなく、どっちの方が山にいるのかで黒沢は選択したのだ。

は分からないが、沢崎の現物のはベタ降り気配の滝沢と小林から切られていない。確実に山にいる!と思ってのリーチ。

それにしたって思い切りが良すぎるリーチだ。沢崎のリーチはタンピン系の捨て牌。が通っており、当たるとすればドラのが絡むだ。

つまりで放銃すればメンタンピンドラ1のマンガンにまでなる。その点、は通りやすだけでなく、仮に放銃したとしてもドラから遠く、タンヤオが付かない。ついついを我々は切りがちだ。

流石強気のヴィーナス。その二つ名は伊達じゃない。

狙い目のを終盤にツモって、リーチツモドラドラ裏の4000オール!!

流石の打点力の高さを見せつけた。

こうなると後は黒沢の独壇場だ。点数を持った黒沢は怖すぎる。

南1局ではこのピンフ三色ドラ1をヤミテンのままツモって2000-4000!

南2局でも、

3面張でリーチを打ってあっさりとツモ!リーチツモピンフドラウラのまたもや2000-4000!

黒沢のダイナミックな麻雀を誰にも止められず、大トップを確定させた。

勝利者インタビューで、自身の懐妊を発表した黒沢。Mリーガーにも多くのママさん雀士が多くいるが、黒沢もその一員になろうとしている。

老若男女問わず出来る麻雀というゲームはとても素敵なゲームだと感じた。

きっと子供が生まれたら黒沢はもっと強くなるはずだ。今でさえ、強いのにこれ以上強くなられたら…と思うと少し怖い。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!