瑞原明奈、親倍マン炸裂!! 目の覚めるメンホン・チートイツでパイレーツ、5位に浮上!!

瑞原明奈、
親倍マン炸裂!!
目の覚める
メンホン・チートイツで
パイレーツ、5位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の2日目第1戦は、瑞原明奈U-NEXT Pirates)がトップを獲得。

東3局の瑞原の親番、その配牌がメンホン・チートイツのイーシャンテン。これを4巡目にリーチして、飛び込んだのが茅森。ウラが乗って瑞原、24000の大きなアガリを獲得。その後も日和らず加点した瑞原が、逃げ切ってトップで終了。パイレーツが雷電をかわして5位に浮上した。

1回戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大セガサミーフェニックス茅森早香TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして瑞原。

東1局、親の前原のヤミテンと瀬戸熊の大物手を、瑞原がツモ・ドラ1の500・1000で蹴る。

そして迎えた東3局、瑞原の親番。開いた配牌はピンズのホンイツチートイツのイーシャンテン。いったんは単騎でテンパイ、そしてドラの単騎に待ち変え。さらに次巡、河に1枚切れのをツモってドラ切りリーチ。そして茅森がこのをツモるが、止まるわけもなくツモ切り放銃。ウラが乗って24000の親倍マン。瑞原が大きなリードを築く。

南1局は2着目の前原の親番。チートイツをテンパイした瑞原、ヤミテンを選択するかと思われたが果敢にリーチ、そしてツモ! 1600・3200を加点して、さらに前原の親を落としてトップに大きく近づく。

この6400のアガリが効いて、オーラスで前原はトップ逆転にはハネマンツモが必要。前原は678のサンショク狙いで逆転を狙うが、親の瀬戸熊との2着争いのプレッシャーからとチーしてテンパイを選択。瀬戸熊からカンの1000点をアガッて2着で試合を終了させた。

これによりパイレーツは5位に浮上。セミファイナル初戦で大きな白星を獲得した。

勝利者インタビューで瑞原は「ものすごく嬉しいです(笑)。(セミファイナルの)16試合の着順分布が最終的なポイントになるので、初戦だからどうということはないんですが、マイナス100ポイントの6位からのスタートだったので、ラスとトップでは気持ちがだいぶ違うのでトップをとれて本当に嬉しいですと語った。

【Result】
1着 瑞原明奈・パイレーツ 4万4000点/+64.0
2着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 3万2800点/+12.8
3着 瀬戸熊直樹・雷電 2万2300点/▲17.7
4着 茅森早香・フェニックス 900点/▲59.1

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +201.8(3/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +133.4(2/16)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +110.3(1/16)
4位 渋谷ABEMAS +72.6(2/16)
5位 U-NEXT Pirates ▲37.1(1/16)
6位 TEAM雷電 ▲115.6(3/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月17日の対戦は
セガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:河野直也
渋川難波
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ2日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!