石橋伸洋、全局参加の石橋オリジナル!! 奇跡の4000オール成就で、パイレーツ2連勝!!

石橋伸洋、
全局参加の石橋オリジナル!!
奇跡の4000オール成就で、
パイレーツ2連勝!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の2日目第2戦は、石橋伸洋U-NEXT Pirates)がトップを獲得。

東場でアガリ1回・放銃4回と劣勢を強いられた石橋だが、南場で覚醒。微差ながらトップに立つと、オーラスの親番で、解説陣も驚くオリジナル手順で一発ツモ! 4000オールをものにし、パイレーツに2連勝をもたらした。

2回戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智セガサミーフェニックス和久津晶TEAM雷電黒沢咲、そして石橋。

石橋は東場で4回の放銃をしてしまい、ラス目で迎えた南1局。北家の石橋はをポンしてドラ雀頭のテンパイ。藤崎のリーチを受けるも、ツモり勝って1000・2000プラスリーチ棒をゲットして3位浮上。

次局、イッツー・赤1のテンパイから、藤崎がドラのを打ち出すと直前にを重ねた石橋がポンしてテンパイ。待ちのが黒沢から打ち出されて8000点のアガリ。石橋が2局でトップ目に躍り出る。

南3局、和久津の700オールツモでいったんトップを明け渡すが、同1本場ではトイトイ・赤1のテンパイから藤崎が切ったドラので石橋がロン。チートイツ・ドラ2の6400で、再びトップ目に立つ。

2着の和久津と3300点差で迎えたオーラス。石橋は役無しののシャンポン待ちでテンパイ。ヤミテンにかまえていたが、9巡目にをツモるとを1枚切ってテンパイを外す。

次巡、次々巡と立て続けにをツモると、石橋はのシャンポン待ちでリーチ。そして一発目のツモがまたしても! リーチ・一発・ツモ・赤1の4000オールで一気に和久津を突き放す。

これが決定打となり、石橋がトップで終了。パイレーツがセミファイナル初戦を2連勝で飾り、ポイントもプラス域に浮上した。

勝利者インタビューで石橋は「個人的に久しぶりのトップで、レギュラーシーズン中盤に5連続逆連対だったので、まずはトップを取れて安心しています。勢いそのままにいっぱい放銃してしまいましたが、監督から伸び伸び打ってきてというお言葉も頂いて、(本来の出入りの激しい)自分らしく打てたかと思いますと語った。

【Result】
1着 石橋伸洋・パイレーツ 4万4400点/+64.4
2着 和久津晶・フェニックス 3万3300点/+13.3
3着 黒沢咲・雷電 1万3100点/▲26.9
4着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 9200点/▲50.8

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +215.1(4/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +133.4(2/16)
3位 渋谷ABEMAS +72.6(2/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +59.5(2/16)
5位 U-NEXT Pirates +27.3(2/16)
6位 TEAM雷電 ▲142.5(4/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月17日の対戦は
セガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:河野直也
渋川難波
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ2日目

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!