守備だけでは麻雀は勝てない!巧みな攻守のバランスを見せた鈴木達也、前田直哉が決勝卓へ 麻雀最強戦2020「鉄壁のディフェンスマスター決戦!」観戦記【A卓】

 

このリーチに対し、テンパイで粘っていた大和がを掴んでしまう。

最終手番で、これを通せればテンパイ料収入が見込めるとあって打ち抜き、村上へ3900点の放銃。

リスクを負った結果だが、大和は連続失点となってしまった。

東3局、東4局はいずれも流局、迎えた南1局2本場

この局で先制を取ったのは前田。

チートイツドラドラでテンパイすると、2枚切れの待ちでリーチをかけた。

いわゆる「地獄待ち」、王牌にアガリ牌が眠っている可能性もなくはないが、もし誰かが掴めば高確率で討ち取れる牌である。

ここは前田がリスクを負って踏み込んだ形だ。

この牌を掴んでしまったのは、またしても大和。

止めることはできず前田のミサイルが炸裂、8000は8600という痛手を被ってしまった。

南2局、大和にようやく先制テンパイが入る。

役なしだがリャンメン待ち、高打点への手変わりも難しいとあって、ここは真っすぐリーチに出た。

しかし、親の達也が大和のリーチの直後に待ちのピンフテンパイを入れ、ヤミテンに構えた。

は大和の現物となっており、リーチであれば止まってしまうが、ヤミテンなら拾える可能性がありそうな牌ということか。

 

など無スジを押しながらテンパイを維持し、村上から1500のアガリ。

これで達也が村上を抜いて微差ながら2着に浮上した。

南2局1本場、大和はドラを重ね、のシャンポン待ちでリーチを打つも流局。

チンイツに向かった達也の鳴きで山にいた唯一のアガリ牌が流れるという不運もあった。

南2局2本場では、カン待ち役なしテンパイのところから、村上の暗槓を見てツモ切りリーチ。

しかし現物待ちを作っていた前田が達也から1000は1600を出アガリ、またしてもリーチ棒を無駄にしてしまう。

この試合、大和はひたすらリーチを打つがどうしても実らず、苦しい展開が続く。

大和がラス親とは言え、決勝卓進出は達也、前田、村上で争われるという様相を呈していった。

この中で言えば、親番がなく、順位も微差とは言え3着目という村上がわずかながら厳しい立場にいるのは間違いない。

南3局、そんな村上に勝負手が入る。

がトイツの手牌、マンズも多めで役役ホンイツの満貫以上がくっきりと見える形だ。

さらに、もトイツに。

こうなると役満・大三元を見たくなるところだが、村上はに手をかけた。

たとえばを鳴いた際、が見えていないとなれば、万が一を考えてもう一つの役牌を絞られるケースも出てくるだろう。

しかし先にを切っておけば、のどちらかを鳴いたとしても、もう一方の役牌への警戒は若干ながら薄れる。

ここで欲しいのは、役満よりも確実なアガリ。

そんな村上の冷静さが見て取れる選択だ。

4巡目に達也から打たれたはスルーし、を鳴いて発進。

ついからも飛びつきたくなるところだが、あえてマンズを仕掛けないことで、手役の可能性を絞られることを嫌ったか。

このあたりも非常に冷静だ。

この仕掛けを見て、達也もポンでアガリへ向かう。

普段あまり鳴かない村上の早い仕掛けに、高打点の気配を感じ取ったのかもしれない。

そして、先にテンパイを入れたのは達也。

村上もを暗刻にして追いつくが・・・。

 

達也が4枚目のを暗槓した後にをツモアガり、村上の勝負手を蹴ることに成功した。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!