大御所を破る宮内の巧みな鳴きと、香川の完璧な捨て牌読み 麻雀最強戦2020「著名人超頭脳決戦」観戦記【B卓】

香川の意思を込めたメンタンピン三色の見事なアガリ。福本としても裏ドラが1枚乗ってしまったら跳満だったので何とか助かったか。

 

東2局 ドラ

福本が先制リーチ!

の高目だと三色のリーチだが、はなんと四枚切れ。

いわゆるペンでのリーチへと踏み込んだ。

点数も1万点を割って苦しい局面。ダマテンにして3900をアガリに行くのでは勝機が訪れない。ここは最低でもマンガン。最高ではツモって裏1の跳満を狙って豪快にリーチを打つ。

 

これに七対子ドラドラを聴牌していた親番の片山が一発で放銃する!

チートイドラドラの1枚切れの単騎で9600のヤミテンを入れていた片山。リーチを打ってもよかったのだが、ここでは念には念をいれてヤミテンを選択していた。

しかし先制リーチが入った以上は追っかけリーチを打って他家の中の降り打ちを狙いたい所。自身の河が七対子には見えず降り打ちが期待できるのだ。

しかし一発目に持って来た牌がだったのが、片山のツキの無さか。

福本が片山から、リーチ一発タンヤオピンフドラの8000のアガリ!

東2局で失点した分を一局で取り返した福本。まだまだチャンスはある。

 

東3局 ドラ

福本がアグレッシブに仕掛けを使いだす。ポン! ポン!

あっという間にホンイツ聴牌。

打点こそ安いものの2着目の香川の親番なので速攻で流したい所。

 

片山もをポンし、宮内もをポンして早い局面になってくる中、

福本があっさりとツモ。700-1300のアガリ牌をツモったが様子がおかしい。

ここで打

福本は大きく清一色へとゆく!

 

この落としはとても素晴らしいと私は感じた。巡目が浅いこともあるが、ピンズはをポンしているだけなので、清一色へと好形変化する牌は大量にある。

嫌な変化としてはツモと、をポンしているのでツモの待ちぐらいなものだ。700-1300の手がマンガンに変化するのは相当な価値があるし、目下ライバルの香川のオヤッかぶりを狙えるのも嬉しい所。

ただ、このアガらずは大きなリスクも同時に伴う事にもなる。

宮内がポン!

でカンの聴牌。片山がそのをポン!

トイトイドラドラへと舵を切った。これに困ったのが清一色へと向かった福本。

片山は凄く信頼度が高い打ち手だ。

あのような仕掛けをした以上はマンガン以上の手は作ってきているはずだ。役牌で打ったら役役ドラドラの可能性があり、この初牌のは片山に打ちづらい。

同時に2枚見えていない牌もトイトイに当たりそうで打ちにくい。と…すれば?

弱気になった福本はここで打トイトイには当たらないであろう牌で降りの選択をする。しかしこれが、

宮内への3900の放銃牌。大きく打ちすぎたのが裏目に出てしまった。

このまま宮内と香川の攻勢は南3局まで続き、ついには福本が

四暗刻の聴牌を果たすものの、

この牌が香川に捕まってチートイドラドラの9600の放銃となってしまい、香川の勝ち抜けと、宮内の勝ち上がりをほぼ決める事になってしまった。

オーラスは大トップ目の宮内がリーチを掛けてアガリ、勝ち抜けは宮内、香川の両名となった。

勝ちなれている福本や片山を敗った二人は見事の一言。この麻雀の内容を決勝でも見せてくれれば面白い麻雀になる事は間違いないだろう。

B卓は終わってから割とすぐに決勝戦が行われる。この熱量を引き継いだまま二人には頑張ってほしい。

 

 

 

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!