小林剛、この強さは異次元級!! この男の左手には要注意!!

小林剛、

この強さは異次元級!!

この男の左手には

要注意!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕34日目、第2戦は小林剛(U−NEXTPirates)が、トップを獲得。東場の親番で連荘・加点に成功した小林が早々にトップを固め、8戦ぶりにパイレーツに勝利をもたらした。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうKADOKAWAサクラナイツ堀慎吾渋谷ABEMAS松本吉弘、そして小林の4名。

東3局1本場、親の小林がカンチーから仕掛けてタンヤオ・ドラ1のテンパイ。11巡目、北家の堀からリーチが入る。このリーチに怯まず、小林が危険牌を押し通してツモアガリ。3000点のアガリながら微差でトップに立つ。

同2本場、を暗槓した小林が嶺上牌をツモ切ってリーチ宣言。待ちはのシャンポン待ち。同巡にテンパイした松本のリーチ宣言牌が。一発にウラドラが1枚乗って9600点。ここで小林、大きな加点に成功する。

同3本場、ポン、ポンと仕掛けた小林に鈴木のリーチが襲いかかる。しかし鈴木は小林に返り討ちにあってしまう。・ドラ1の2900点で小林がさらに加点。

この連荘で5万点に達した小林は高みの見物。後半は松本が盛り返して2着に浮上して試合終了。

小林はインタビューで、

「(今日は)めくり合いにたまたま強かったですね。テンパっているときはだいたい押したほうがいいと思っているので、勝算があって押したわけじゃないです。堀さんのリーチにを押したときは、降りたほうがいいかなと思いましたが、2900点の両面待ちで供託と積み棒で5000点くらいの価値があったので、押していたら(アタリ牌を)掴まなかったですね」

と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 5万9300点/+79.3
2着 松本吉弘・ABEMAS 2万900点/+0.9
3着 堀慎吾サクラナイツ 2万200点/▲19.8
4着 鈴木たろう・ドリブンズ ▲400点/▲60.4

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +364.5(34/90)
2位 EX風林火山 +272.6(34/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 151.7(34/90)
4位 赤坂ドリブンズ +74.7(34/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲126.1(34/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲238.3(34/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲249.1(34/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲250.0(34/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvsPirates」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」 12月1日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:滝沢和典
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!