内川幸太郎の粘りが生んだバタフライ・エフェクト その風は勝利を呼び込む桜吹雪【Mリーグ2020観戦記1/28】担当記者:東川亮

内川幸太郎の粘りが生んだ

バタフライ・エフェクト 

その風は勝利を呼び込む

桜吹雪

文・東川亮【木曜担当ライター】2021年1月28日

Welcome back Tatsuya Hiyoshi!!!

日吉辰哉が大和証券Mリーグの実況席に帰ってきた。

昨年末に喉のポリープを切除する手術を受けての休養だったが、それもここから佳境を迎えるレギュラーシーズン、その先の戦いに向けて万全の状態を期してのことだ。

日吉の実況からは数々の名言が生まれているが、中でもよく使われ、本人もネタにしているのが「風」。

復帰2戦目で上昇気配を見せる日吉の喉の調子に比例して、卓上にはにわかに風が吹き始める。

その風は鳳凰を舞わせるのか?

海賊船の背を押すのか?

疾きこと風の如くという風か?

違う違う、その風には色がある。

遠い春を思わせる桜吹雪、とくと見届けよ!

第2回戦

東家:魚谷侑未セガサミーフェニックス

南家:勝又健志EX風林火山

西家:朝倉康心U-NEXT Pirates

北家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ 

東場、風は揺蕩っていた。

東1局は親の魚谷がリーチ七対子赤の9600を朝倉から直撃。

痛い放銃をした朝倉も、すぐに2000-4000、1000-2000(+1本場)とツモって点数を回復する。

勝又も二度の一人テンパイで点数を維持。

そんな中、初戦勝利からの連闘で臨んだ内川は、一人1万点台と少し置いていかれた状態で最初の親番を迎えた。

 

内川は手役が見える手牌をもらうが、朝倉は2巡目で既に七対子のイーシャンテン。

メンツ手への変化も見え、いずれにしても内川との差は歴然としている。

少々時間はかかったものの、朝倉が9巡目に先制リーチ。

ジュンチャン三色のイーシャンテンになった内川も無スジを押していくが、ペンチャン二つ残りはさすがに厳しいところだ。

さらにドラもキャッチ。

これは厳しい、というか当たり牌だ。

苦悶の内川を横目に朝倉は水分補給。

自らに利する風を感じているのか?

内川、やむを得ずを切ってジュンチャン三色は見切る。

次巡、カンを埋めてテンパイ!

を取らなーい!

内川、テンパイ外しの切り!

高目のドラがすでに2枚切れということもあり、ラス目の親でも不利な勝負は挑まない!

しかし直後に朝倉から切られたをチーしてテンパイ復活!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!