魚谷侑未、東1局の目が覚めるバイマンツモ!! リードをがっちりキープして、個人3勝目ゲット!!

魚谷侑未、東1局の

目が覚めるバイマンツモ!!

リードをがっちりキープして

個人3勝目ゲット!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕37日目、第2戦は魚谷侑未セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。開局からドラ3の手をリーチ・ツモ・ウラ3のバイマンに仕上げた魚谷が、そのまま逃げ切ってゴールイン。個人3勝目、フェニックスが8勝目を掴んだ。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山松ヶ瀬隆弥KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳、そして魚谷の4名。

東1局、西家の魚谷にドラの【3ピン】がアンコで入る。13巡目に【4マン】【7マン】待ちリーチをかけて4巡後に【7マン】をツモアガリ。ウラドラが【3ピン】で4000・8000。魚谷がいきなり大量得点をものにする。

東2局、またも魚谷にドラ【7マン】がアンコの手が入る。タンヤオのカン【4マン】待ちヤミテンにかまえていたところ、リーチの村上から【4マン】が放たれて8000点。魚谷、なんと2局で5万点に。

以後、魚谷のリードで進行して迎えた南2局。

村上の先制リーチに親の松ヶ瀬が追いかけるが、結果は村上のツモアガリ。チートイツのドラ単騎待ちで3000・6000。このアガリで一気に2着争いが熾烈に。

オーラス、ラス親の村上が抜け出そうと6巡目にピンフ・赤1の【4マン】【7マン】待ちリーチをかけるが、岡田が無筋を3つ押し通してピンフ・赤1の【4ソウ】【7ソウ】待ちテンパイ。次巡、岡田が【7ソウ】をツモって700・1300。岡田が価値ある2着を掴んで、試合終了となった。

魚谷はインタビューで、

「手に恵まれたなと思うんですけど、トップはトップでうれしいです。手牌的にはずっと良かったので、もう少し大きいトップを目指したかったんですけど、このぐらいで落ち着いちゃったなぁという感じです」

と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 4万4100点/+64.1
2着 岡田紗佳サクラナイツ 2万5600点/+5.6
3着 村上淳・ドリブンズ 1万6500点/▲23.5
4着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 1万3800点/▲46.2

【Total】
1位 EX風林火山 +469.5(38/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +299.8(36/90)
3位 渋谷ABEMAS +44.9(36/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +36.5(38/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲50.5(36/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲90.6(38/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲250.9(38/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲458.7(36/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月6日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!