【 #神域リーグ2023 エキシビジョンマッチ予選 観戦記】甦る神域の記憶 一夜限りの祭典、エキシビジョンマッチ開幕!【文 #後藤哲冶 】

東家 天開司
南家 日ノ隈らん
西家 渋川難波
北家 朝陽にいな

グラディウスは事情により風見くくが欠場。その代打という形で、日ノ隈らんが出場となった。

開幕は、グラディウスの誇るビースト、朝陽にいなのアガリ。
しかしこの朝陽のリーチに対して、果敢に押していった日ノ隈の打ち筋も印象的だった。

しかしそんな朝陽のトップに待ったをかけたのは、監督渋川だった。
東2局1本場、親の渋川の先制リーチに対して、天開が【6ピン】【9ピン】で追い付いてリーチまで行ったと言うのに、なんとも大人げないカン【4ピン】ツモ。

「それはないわ~!」
「大人げないって~」
「そういうことするんだ~」

チームメイトからは非難の嵐。
しかしそんな声も、渋川はものともしない。

オーラスは、日ノ隈が3位を確定するアガリを受け入れず、全員が高い打点を狙った結果、朝陽の18000が天開に炸裂。
結果、朝陽も天開も、準決勝進出に望みが繋がる形となった。

インタビューに答えた天開の一言目は、「作戦通り……」
どうやら個人プレーに走った監督が2位の朝陽の素点を削ったこと以外は計画通りだったらしい。

通過となった渋川監督。

「え、今日って個人戦ですよね?^^」

あまりの非人道的な発言に、コメント欄は騒然となった(?)

本選では厳しい戦いを強いられ、それでも何度も立ち上がったチームグラディウス。
チームを支えた監督は、どうやらこの舞台でも厳しい姿勢は崩さなかったらしい。

とはいえ、逆境の中で育ったチームグラディウスの絆を強く感じられる一戦だったに違いない。
……うん、多分、きっと。

悪友達は叫んで、燥いで。これが俺たちの、麻雀の楽しみ方! (チームアキレス予選)

東家 多井隆晴
南家 如月れん
西家 白雪レイド
北家 或世イヌ

事情により出場できなかった渋谷ハルの代打で、如月れんが出場。

アキレスの予選は、開幕から盛り上がりを見せる。

「ヤバイヤバイヤバイヤバイ!」
「ヘイヘイカモーン?」

東1局からチートイツドラドラのリーチを打った白雪に対し、多井が親で追っかけリーチ。
白雪の絶叫が開幕から元気に響く。

この局は多井が2600オールをアガリ、試合は多井がリードする展開に。

東2局1本場から、さらに騒がしくなるアキレスの配信。
テンパイで開かれた或世の手牌は、チンイツドラ4の超勝負手。

「お前それリーチしろや!」
「リーチしてツモったら役満だって!」
「いやでもダマった方が出るかなって」
「仲良いのか悪いのかわかんないなこのチーム……」

罵声が飛び交う中、本日代打の如月が苦笑い。

試合は多井がトップのまま、勝負はオーラスへ。

「或世、あーるーせ」
「或世君とりあえず、なんとかならん?」

終盤に差し掛かり、なんとしてでも親番の或世にテンパイを取って欲しい白雪と如月は、或世へのアシストを開始する。
……が、或世からチーやポンの声がなかなかかからない。
が、前巡白雪がアシストで切った【7ソウ】が、再び如月から切られ、それを或世がポンしたことで、或世が白雪からのアシストをスルーしていたことが発覚。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/