復活のモンキーマジック 猿川真寿が進み行く 6度目の旅路 #麻雀最強戦2023【ファイナル 1st Stage】観戦記【D卓】担当記者 #後藤哲冶

復活のモンキーマジック
猿川真寿が進み行く
6度目の旅路

【D卓】担当記者:後藤哲冶 2023年12月9日(土)

猿川真寿は、今年からMリーグに参入したBEAST Japanextのリーダー的存在である。
Mリーガーになったこともあり、今年その存在を知った方も、もしかしたらいるかもしれない。

Mリーグは初の舞台でも、この最強戦においては、猿川は決勝戦の常連だ。
昔から麻雀プロとして輝かしい成績を誇っている猿川は、当然タイトル戦への出場も多く、この最強戦ファイナルへも、実に6度目の挑戦ということになる。

この日の1st Stage B卓では、Mリーグでは同チームの鈴木大介が勝ち上がりを決めている。
チームメイトに続いて、猿川も2nd Stageへ進むことができるか。

猿川にとって、『最強位』という頂に向けた6度目の旅路が始まる。

◆1st StageD卓 出場メンバー

東家 男と女のデスゲーム優勝 堀慎吾

南家 全国アマチュア最強位 ももたん

西家 最強ハンサム決戦優勝 本田朋弘

北家 最高勝率決戦優勝 猿川真寿

序盤リードを作ったのは、アマチュア最強位のももたんだった。
東1局1本場

親番の堀からのリーチを受けた直後、ももたんにもテンパイが入る。
【3ソウ】【6ソウ】待ちのタンヤオピンフイーペーコー。勝負手なので、リーチでぶつける選択肢も十分にある。

が、ここはダマテンに構えた。
供託が3本あってアガリの価値が高い。
堀の現物【3ソウ】待ちであること、更に【9ソウ】も堀は切っており、【6ソウ】も中筋になっていることが大きかった。

これを、本田から捉えた。
3900の1本場4200のアガリ。供託も合わせて7200の収入はダマに構えた甲斐があったというもの。

更に東2局でもももたんはこのピンフドラ1の【3マン】【6マン】をダマ選択。
【3マン】が既になく、3副露している堀に対して【6マン】が通りそうに見えたのがダマに構える理由になった。
この1st Stageは2人が通過できるルール。リードを握ったので、リスクを少し抑えて、2位以上になれる可能性を増やした。
ももたんは終始、こうした試合巧者の立ち回りをしていたように思う。
1300オールの加点だ。

東2局1本場

猿川はこの手牌から中ではなく打【3マン】
メンツ手の可能性は【5ソウ】とピンズの伸びに託し、本命は。

チートイツ。この【5ソウ】引きで手牌の方針をチートイツに決め切った。

道中、【6マン】が暗刻になったものの四暗刻への道は拒否。
数巡後に、ドラの【7ピン】を引いて来た。
これで打点が担保される。

ドラを重ねることに成功。
【中】は直前に切られて2枚切れになっていたが、お構いなしにリーチを敢行。
いわゆる地獄待ちだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/