猿川真寿、キャプテンの意地をみせ 菅原千瑛の雪辱を果たす!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

猿川真寿、

キャプテンの意地をみせ

菅原千瑛の雪辱を果たす!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の91日目、第2戦は猿川真寿BEAST Japanext)が、トップを獲得。開局からマンガンのアガリをものにした猿川が逃げ切って快勝。1戦目の菅原のラスを帳消しにして、ボーダー戦線に踏み止まった。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢セガサミーフェニックス東城りおTEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲、そして猿川の4名。

東1局にピンフ・ドラ1・赤1のリーチを東城から仕留めてトップ目についたのが猿川。

猿川は東4局にも、【中】・高めサンショクの高め5200点を、ライバル・東城からの直取りに成功してリードを広げる。

南2局2本場、南3局と猿川は安いながらも連続でアガリを決めて、トップの座を安泰にする。

オーラスは、ラス目の園田が東城からハネマンを直撃して2着まで浮上して試合終了。

猿川がフェニックス・東城とトップラスを決めて、第1試合の菅原の雪辱を果たした。

猿川はインタビューで、

「(ボーダーとの差が)100以内になれば、あと7日のうち3・4とか負け負けを1回引くとけっこうきつくなるかと思っているんで、そうならないようにがんばっていければセミファイナルも見えてくるんじゃないかと思ってます、はい」

と語った。

【Result】
1着 猿川真寿・BEAST 3万6700点/+56.7
2着 園田賢・ドリブンズ 2万9500点/+9.5
3着 黒沢咲・雷電 2万6100点/▲13.9
4着 東城りお・フェニックス 7700点/▲52.3

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +527.9(82/96)
2位 U-NEXT Pirates +437.0(80/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +319.0(80/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +136.7(80/96)
5位 渋谷ABEMAS +60.4(80/96)
6位 セガサミーフェニックス ▲305.2(82/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲365.1(82/96)
8位 BEAST Japanext ▲400.5(82/96)
9位 EX風林火山 ▲410.2(80/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsフェニックスvs雷電vsBEAST

2月29日(木) 19:00 〜 3月1日(金) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
BEAST Japanext
実況:日吉辰哉
解説:仲林圭
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsフェニックスvs雷電vsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/