小細工なしの激闘!日本一キレやすいプロ雀士浅井裕介、無双状態へ… #麻雀最強戦2024【無双伝説】観戦記【A卓】文 #髙倉拓馬

小細工なしの激闘!

日本一キレやすいプロ雀士浅井裕介、無双状態へ…

【A卓】担当記者:髙倉 拓馬 2024年7月7日(日)

この最強戦予選のテーマは「無双伝説」。

無双、という言葉を辞書で調べてみると、

「二つとないほど優れている」や、そこから転じて、

「最強、一人勝ち」という意まで含まれている。

すなわち、無双という言葉は、まさに最強戦にふさわしい言葉なのである。

この「無双伝説」を一人勝ちできるのは果たして誰なのか…。

今回はその予選A卓、2人勝ち上がりの戦いを見ていく。

 

東家:勝又健志

南家:浅井裕介

西家:本田朋広

北家:岡崎涼太

 

東1局

この局は、開局にして卓が最大にヒートアップした瞬間であった。

岡崎にいきなり大チャンス手が到来する。

3巡目にして手牌に三暗刻が完成している。前巡から【6ソウ】を打っていて、四暗刻で卓を無双する気は満々だ。ここも打【5ピン】としていく。

一方で先に動き出したのは浅井。

ここから岡崎の打った【2ソウ】をポン。

3巡目には、この形から【3マン】【4マン】の両面を払い、後に【5ピン】のトイツ落としも敢行した。

無双をするためには、【白】のみの1000点では足りない。ソウズのホンイツイッツーを見て、絶対に満貫を作り上げるという意志を感じる。

浅井に対応するか、重なりやすい牌を選ぶか… 岡崎はここまで何巡も悩み続け、【2ピン】を残して【發】を打った。

全員の河に【1ピン】【3ピン】が打たれていて、場況は最高の牌だ。

【9マン】を暗カンすると、リンシャンから引いてきたのは狙いの【2ピン】

【白】を打ってツモり四暗刻のリーチを打つ。なんとこれが3枚山。

この宣言牌にポンの声をかけたのは浅井。

まだ不安定な形の1シャンテンではあるが、手牌には安全牌が多い。仕掛けてもリスクが低く、打点のリターンは非常に高い。

【7ソウ】を連続で引き、これが跳満のテンパイになった!

しかし浅井、なんとドラの【7ソウ】を3連続で引いてきてしまう。この【7ソウ】はもう要らない。

顔をしかめる。3連続で引いてきたことに驚いているのか、もしかすると少しキレているのかもしれない。

長考の末、【7ソウ】を勝負する浅井。

するとここから、本田がカン【7ソウ】でチー。

ここから打【5ピン】で三色を固定していった。最大打点を取る選択で、浅井のソウズホンイツに対して【6ソウ】【8ソウ】が払いづらいのも影響している。

この選択がはまり、タンヤオ三色ドラ3のテンパイとなったが・・・

余っていた【2ピン】が岡崎に放銃。

裏ドラは乗らずリーチ、三暗刻トイトイの8000点のアガリ。

大きなあがりになったものの、まだ覇権を取るには至らない。

 

東2局

浅井の選択が面白い。

【4ピン】をツモってきたところ。ここから打【1ピン】とした。

【1ピン】を残してもリーチのみになる可能性が高く、タンヤオにするか、ドラの【南】かダブ【東】を縦引くか。打点を重く見た選択である。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/