滝沢和典、 超乱打戦を制して 僥倖のシーズン初トップ!!




滝沢和典、
超乱打戦を制して
僥倖のシーズン初トップ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の開幕5日目第2戦は滝沢和典(EX風林火山)が、トップを獲得。親番で8000オールを決めた滝沢だが、高宮と岡田の猛攻の前にオーラスで横一線に。暫定トップ目の岡田が朝倉のリーチに、痛恨の放銃で2着転落。滝沢は、僥倖の今シーズン初トップとなった。EX風林火山は2勝目、トータル順位2位に返り咲いた。

2回戦の対局者は、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(日本プロ麻雀連盟)そして滝沢

東3局、高宮がリーチをかけるが、滝沢怯まずに追いかけリーチを一発ツモ、タンヤオ・ピンフ・イーペーコー・ウラ2の8000オール! 特大のアガリを決め、早くもトップ確定かと思われた。

しかし同1本場、滝沢がさらにリーチしたところ、高宮追いかけて、シャンポン待ちのドラのツモ。リーチ・ツモ・・ドラ3・赤1の3000・6000で、滝沢の独走に待ったをかける。

南2局1本場、高宮はさらに、リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1・赤1・ウラ1。4000・8000のアガリで滝沢に並ぶ。

南3局1本場は、負けじと岡田もリーチ。同巡不運にもメンホンのテンパイを入れた朝倉が宣言牌で一発放銃。8000のアガリで岡田がトップ目に立つ。

南4局、持ち点マイナスの朝倉は素点回復を目指してリーチ。待ちはペン

トップを目前にした岡田だったが、滝沢とテンパイ・ノーテンで入れ替わってしまう僅差のため、自らもテンパイに向かう道をチョイス。結果、ノーチャンスのに手がかかって放銃。リーチ・ドラ1・ウラ1の5200点を失い、2着落ちとなってしまった。

勝利者インタビューで滝沢は「本当に嬉しいです、ラッキーでした。東場(の8000オール)で決まったと思ったら、ものすごい追い上げを喰らってハラハラしました(苦笑)。オフシーズンは練習して、麻雀の映像をよく観て、お酒を控えました。個人の目標はとくになくて、目の前の試合を一局一局大事に打つだけですと語った。

▲東3局の親バイマン、勝負は決まったかに思われたが…

【Result】

1着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟) 4万700点/+60.7
2着 KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(日本プロ麻雀連盟) 3万7000点/+17.0
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟) 2万8600点/▲11.4
4着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会) ▲6300点/▲66.3

【Total】

1位 セガサミーフェニックス +113.2(4/90)
2位 EX風林火山 +64.4(6/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +46.0(6/90)
4位 TEAM雷電 +9.4(4/90)
5位 U-NEXT Pirates +6.5(6/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲28.9 (6/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲81.6(4/90)
8位 渋谷ABEMAS ▲129.0(4/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月7日の対戦は
U-NEXT Pirates vs KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vs KADOKAWAサクラナイツ

キャスト

U-NEXT Pirates
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
実況:小林未沙
解説:萩原聖人
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ Pirates vs麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsサクラナイツ