その男の一打は賛否の嵐を巻き起こす!“結果が全て”を背負う雷電エース・萩原聖人の矜持【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

熱論!Mリーグ【Fri】

その男の一打は

賛否の嵐を巻き起こす!

“結果が全て”を背負う

雷電エース・萩原聖人の矜持

文・危険な鬼太郎/2020年1月10日

つい最近まで、地上波で麻雀の事が流れる事は少なかったと思う。私が去年、地上波で麻雀に関することを観たのが、「カレーが美味しいお店」として出た雀荘店特集と、萩原聖人のMリーグのインタビューぐらいなものだ。

だが、2020年になってから、まだ数日しかたっていないのに、麻雀に関するニュースを何度も地上波で目にするようになった。凄く良い事だと思う。

私の周りでも、若い人はまだそうはいないが、麻雀を20年近くやっていなかった年輩の方々が、Mリーグをきっかけで雀荘に来てみた!という方をよく見る。人の麻雀を観ると、自分も昂って打ちたくなるそうだ。

2戦目

東家 松本吉弘渋谷ABEMAS

南家 滝沢和典EX風林火山

西家 萩原聖人TEAM雷電

北家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

萩原がテンパイ一番乗り。

を切れば待ちのピンフテンパイ。即リーチが普通だが萩原は長考。私には何となく萩原の思考が分かる。

この手牌はつまらない。

萩原はを縦置き!ピンフノミのヤミテンにこの手を構えた!

高打点をベースに考える萩原にとってみれば、ピンフノミの手牌は交わし手に過ぎない。の待ちは悪くは見えないが、このピンフノミの手で他家の反撃にあうのが怖く、リスクとリターンがあってないと見たか。

Mリーグでよく見せている萩原のバランスだ。

滝沢がこのをポン!

序盤から受け気味に手を進め、赤牌を切りながらもホンイツや清一色が狙える手牌。

字牌が重なってのホンイツだと、5200点以上の手牌や安全度の高い手になり、この手牌が清一色になると清一色赤の12000の手になるので点数の壁でノータイムゼンツッパが出来る。

次順、を引く萩原。

非常に驚いたが、ここでもダマテン!!!ピンフドラ1をヤミテン!!!

この手牌は変化が皆無に等しい。を引いてのが理想的な変化だが、も2枚切れ。それもあまり旨味が無い。

萩原が、ソウズが1枚も余っていない滝沢のポンを評価した。

「滝沢が不十分系で仕掛けるわけがない!ポンテンでもおかしくはないし、好形イーシャンテンぐらいだろう…」

という考えだと思う。その考えはもちろん間違ってはいない。

しかし、魚谷は

ノータイム三色リーチ!カン待ち。打点と待ちが見合った以上、滝沢の仕掛けなんかは当然無視。

カンも悪くは見えない待ちだ。

しかしここは萩原が、

直後にツモ!ピンフツモ赤1の700-1300!

もったいないアガリだと思う人もいるかもしれないが、滝沢の怖い仕掛けと魚谷の先制リーチを蹴れて萩原はホッとしたはずだ。

まだ、勝負所はここではない。

東2局

またもや萩原に選択。

私は萩原は絶対にを打つものだと思っていた。567の三色と、二度受けを一度受けにするものだと。

萩原と言えば三色。高打点。それは筆者よりもMリーグを観ている皆様の方がよく知っているのではないでしょうか。

しかしここは萩原はまさかの打。三色は全く見ない。

これは私も打ちは大賛成だ。もしドラのを引かずにの方を引いたのならば567の三色を目指すのも良いが、ドラを引いたのならば、コンスタントにピンフドラ1リーチを目指したいし、

この手牌で567の三色を目指すと引きで一気に台無しな手になってしまう。萩原も毎回毎回三色を狙っているわけではない。

狙える手と狙えない手は常に見極めている。

ここで萩原がテンパイ。さっきのピンフドラ1はダマテンだったがここはノータイムでリーチ。明らかに自分がテンパイ一番乗り。ヤミテンでは流石にもったいない。

ド終盤、をチーしてテンパイを入れる松本。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!