アガリの花よ、咲き誇れ 黒沢咲の『セレブ麻雀』が、サンダーロードを明るく照らす【Mリーグ2022-23観戦記10/6】担当記者:東川亮

アガリの花よ、咲き誇れ
黒沢咲の『セレブ麻雀』が
サンダーロードを
明るく照らす

文・東川亮【木曜担当ライター】2022年10月6日

大和証券Mリーグ2022-23シーズン。TEAM雷電にとっては過去4年間の、とりわけ1256.1ptものマイナスを記録した昨シーズンの屈辱を晴らすための、勝負の1年となる。

だが、スタートは振るわない。開幕戦、萩原聖人渾身の四暗刻テンパイは実らず。

逆に本田朋広は、伊達朱里紗四暗刻を親かぶり、4着に沈んだ。

 

10月6日の第1試合。瀬戸熊直樹は高打点飛び交う乱戦のなかで、満貫2回を含む4度のアガリを決めるも3着に終わった。展開も雷電に味方しない。

迎えた第2試合。卓に向かうのは、この日誕生日を迎えた「強気のヴィーナス」黒沢咲。雷電を応援する「ユニバース」は知っている。停滞するチームの雰囲気を変えるのは、明るく激しく、華やかで力強い、黒沢の麻雀であることを。

さあ、アガリの花よ、咲き誇れ。

第2試合
東家:村上淳(赤坂ドリブンズ)
南家:高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部
西家:二階堂瑠美EX風林火山
北家:黒沢咲(TEAM雷電)

相手の読みを狂わせる「黒沢ブランド」

東2局。ここまでは村上、高宮とアガリを決めているが打点は低く、まだまだ勝負はこれからというところ。この局は、高宮のダブ東ポンから状況が動き出す。

【東】を切った黒沢の元に、2枚目のドラ【2ピン】が訪れる。なお、高宮が5巡目に切った自風【西】は当然のようにスルーしている。軽い仕掛けを使わず手を高く育てるところは、まさに「セレブ麻雀」

最初にテンパイしたのは高宮。【赤5マン】を引き入れてダブ東赤赤、打点も12000と強烈。
現状は中ぶくれのシャンポン待ちだが、好形変化する牌は多い。

村上も【8ピン】ポンで追いつく。【5ソウ】【8ソウ】【2ピン】の3メンチャンだが、現状山に残るアガリ牌は【5ソウ】のみ。

高宮が【4ソウ】を引いて打【6ソウ】【2ソウ】【5ソウ】待ちに変化。

1シャンテンだった瑠美は、通っていない【5ピン】を引いて現物【6ソウ】を合わせ、一歩引いた。

村上対高宮、2人の勝負に思えたところに、第3勢力が現れる。

「ポン」
2枚目の自風【西】をポン。これだけなら、麻雀ではごくごくありふれた事象だ。だが、頭に「黒沢が」とつくだけで、話は大きく変わる。黒沢と言えば、昨シーズンのフーロ率が約8パーセントと、全32選手中最も低い打ち手である。その黒沢が鳴くなら、それは鳴くに見合う手ということ。

安い鳴き、かわし手を駆使するタイプではなく、実際にドラドラ赤で満貫の1シャンテン。ただ、テンパイではない。

対応していた瑠美が【5ソウ】をつかむ。この日解説を務めていたKADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎は「【1ピン】【1ピン】になりますよ」と言った。高宮の現物で、タンヤオ模様の村上にもかなり通りそうな牌。

だが、瑠美は【5ソウ】をツモ切り。

高宮への12000放銃となった。

このときの全体牌図(※黄色がツモ切り、白が手だし)
高宮は手出し【8ソウ】の後に村上の切った【2ソウ】には声をかけず、その後【6ソウ】を手出し、カンチャン落としを見せている。もし手の内に【3ソウ】【4ソウ】ターツがあるなら、【2ソウ】は鳴いていそう。つまり【2ソウ】が鳴ける形ではない、だから【5ソウ】も当たるパターンが少ないと読んだか。ただ、それでも高宮・村上だけを見るなら【1ピン】を切ればよく、暗刻の【9ソウ】も通る牌で、【5ソウ】切りで無用なリスクを負う必要はなかった。

試合後、瑠美は「黒沢にビビってしまった。【2ピン】【2ピン】【2ピン】【3ピン】の形(【1ピン】【4ピン】【3ピン】待ち)があると思った」と痛恨の放銃を振り返っている。黒沢が安い仕掛けをするわけがないという前提の上での発言だ。

そして切られた【5ソウ】は、黒沢に対しての現物だった。

これは、鳴きを使わず高打点を追う「黒沢ブランド」の副次的効果と言えるだろう。本人はこれを意図してやってはいないのだが。

「セレブ麻雀」が行く先を照らす、TEAM雷電の「サンダーロード」

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!