そのリーチ棒の価値 「8万点」  朝倉康心が選びだしたトップ獲りへの選択【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

松本にノベタンの待ちでリーチされ、ツモられ。

さらにオーラスでは

茅森がこの手堅い300-500をアガってパイレーツは2着で終わった。小林は惜しくも2着で終わり、2戦目は朝倉がトップを取るために出陣した。

2戦目

東家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

南家 二階堂亜樹EX風林火山

西家 白鳥翔渋谷ABEMAS

北家 朝倉康心U-NEXTパイレーツ

東2局

朝倉が好形イーシャンテン。

意外とこういう手牌を貰うと、のリャンメンを早々に決めてを切ってを安全牌変わりにする人も多いとは思う。

でも、朝倉はそうはしない。

ここは打。めいいっぱいだ。

この手牌は今はリーチのみだが未来がある手。ドラの引きからはソウズの3面張を残せ、さらには引きまである。

まだ場も4巡目。これが2段目に入ると状況は全く違うがここまで巡目が浅いとブクブクに持ちたい。

朝倉はこの手牌をリーチしてツモ!をツモったのに赤じゃないし、裏ドラも乗らずに500-1000。

案外パイレーツが下位に沈んでいるのも裏ドラや赤の枚数が影響しているのかもしれない。仮に影響してたとしても、どうしようもないが。

南1局1本場

朝倉がヤミテン。

自風のが効いているので手替わりを待ってのアガれる変化を待ちたいところだ。

ラス目の亜樹がリーチ!

こののリーチを打つと。

朝倉が絶好のを引き、

 

待ちの追っかけリーチを打つと亜樹に高目のを放銃!リーチ一発ピンフ一盃口のマンガン!

しかし、朝倉の良さは東場よりも南場の方が如実に出ると思っている。朝倉の粘りのある麻雀は観るものを勇気づけてくれる。

南2局

朝倉がをポン!

自風のが暗刻なのでメンゼンにこだわってリーチを目指すのかと思いきや、ここはホンイツに向かう。

序盤にソウズを切って、後にを切ってきた。他家に対する圧としては十分だ。

さらにポン!

ここまで鳴ければ後は自分のツモで何とでもなる。これで最低でもマンガンレベルは確保できるし、跳満、倍満まで見える手牌になる。

これに圧されたのが魚谷。

絶好の単騎待ちの七対子で張っていたが、を持ってきてしまった。が朝倉から余っており、これで放銃すれば最低でもマンガンだと言われるかもしれない。

ここは我慢の単騎待ちに変更だ。惜しむらくはこのが山に残っていなかったのが魚谷にとっては不運だったか。

ここは朝倉の一人テンパイで流局。ここまで差が詰まってしまえば南3局と自分の親で何とかなる点差にまでなった。

南3局では朝倉が見事な山読みで、を対子落とししてのカン待ちをリーチ!

そしてこのをツモ!裏ドラは乗らずとも1300-2600のツモアガリ。これで点差がどうなるかというと。

朝倉が25600点でトップ目で亜樹が24000点のラス目でオーラスを迎える!

朝倉は2000-4000でのオヤッかぶりだけでもラスになる点差なのがより厳しさを増すオーラスだ。

オーラス

白鳥が先制リーチ!

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!