多井隆晴、覚悟の親番で大連荘!! ABEMAS2位浮上で優勝争いは三つ巴!!

多井隆晴

覚悟の親番で大連荘!!

ABEMAS2位浮上で

優勝争いは三つ巴!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ5日目」の第1戦は、多井隆晴渋谷ABEMAS)がトップを獲得。起家の多井は開局から大連荘。一時は6万点オーバーの点棒を稼いで、余裕のトップ。2位以下はパイレーツ・石橋、フェニックス・魚谷、サクラナイツ・岡田となった。

1回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳U-NEXTパイレーツ石橋伸洋セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして多井。

開局から、親の多井が猛攻を見せる。

まずはリーチ・ツモ・ピンフイーペーコー・赤1の4000オールをアガると、4本場では早いリーチで魚谷からダブの7700を直撃。

多井は5本場まで連荘して、東1局にして5万5000点オーバーの大量リードを築く。

次局も多井は、石橋のリーチを受けながらもホンイツのマンガンをツモり、さらに点棒を上乗せする。

東3局、ラス目に落とされた魚谷がリーチ・ツモ・サンショクの4000オールで息を吹き返す。

南2局には、魚谷がさらにダブ・ドラ3・赤1のツモアガリで2番手に。

しかしその魚谷、石橋の6巡目リーチに後筋を追ってを切るとこれがロン牌。リーチ・ドラ3・ウラ3の12000で、再び2位争いが熾烈になる。

オーラス、親の石橋が5巡目にをポンしてテンパイ。なんとソーズ一色の待ち。これに岡田がで飛び込んでドラ1の12000。

石橋が2着で試合終了。トータルではフェニックスが依然首位だが、2位に浮上したABEMASと3位パイレーツとの三つ巴戦の様相を呈してきた。

勝利者インタビューで多井は、
「ちょっと嬉しいです、まだ後3試合で逆転したわけでもないので。新型コロナの影響でチームで2ヶ月間麻雀の練習を禁止してましたが、ファイナルの対戦相手の研究は誰よりもしている自信があるので、最後まで集中して、最後にはみんなと喜びたいと思います
と語った。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 5万1800点/+71.8
2着 石橋伸洋・パイレーツ 3万6900点/+6.9
3着 魚谷侑未・フェニックス 2万200点/▲19.8
4着 岡田紗佳サクラナイツ 1100点/▲58.9

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +182.1(9/12)
2位 渋谷ABEMAS +138.1(9/12)
3位 U-NEXT Pirates +126.0(9/12)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲187.5(9/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ5日目」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ5日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!