今シーズンの舞姫は一味違う!鋭い踏み込みを見せた二階堂亜樹が2020シーズン開幕戦を制する【Mリーグ2020観戦記10/5】担当記者:東川亮

今シーズンの舞姫は一味違う

鋭い踏み込みを見せた

二階堂亜樹が2020

シーズン開幕戦を制する

文・東川亮【月曜担当ライター】2020年10月5日

 

この日をどれだけの人が待ちわびていただろうか。

10/5、3シーズン目となる「大和証券Mリーグ」が開幕した。

今シーズンは基本的なルールやチーム構成などは昨シーズンと同じ形ではあるが、選手の入れ替え・追加に関する新たなレギュレーションが設けられたり、KADOKAWAサクラナイツに雀王・堀慎吾が加入したりと、新たな変化もあった。

その中で決して変わらないのは、Mリーグの舞台で繰り広げられる熱い闘牌。

今シーズンも最後の最後まで、一打一打にファンが熱狂する麻雀を見せてもらえることを期待したい。

開幕戦はレギュラーシーズン90試合の内の1試合ではあるが、やはり特別な雰囲気がある。

筆者も開幕式の取材を終えてすぐに現場に向かったが、メディアも入っており、開幕戦特有の緊張感のようなものを感じた。

そして選手・チームにとっては、勝ってシーズンをスタートできるというのはやはり非常に気分がいいものだ。

チームに勢いをつけるべく、この4選手が2020シーズン最初の卓についた。

 

第1回戦

東家:高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部

南家:瀬戸熊直樹TEAM雷電

西家: 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

北家: 二階堂亜樹EX風林火山

2020シーズン、最初の試合の東1局

今シーズンの初アガリを決めたのは、TEAM雷電瀬戸熊直樹だった。

pastedGraphic_5.pngを仕掛けて自風のドラpastedGraphic_6.png後付けに構え、自らツモって2000-4000。

このpastedGraphic_6.pngは配牌からずっと浮いていたのが、12巡目にようやく重なったものだ。

我慢強く重なりを待った、瀬戸熊の打点意識が身を結んだ。

東2局、亜樹が思い切った選択を見せる。

10巡目、ドラのpastedGraphic_8.pngが浮いていたところにpastedGraphic_9.pngを引き入れたカンpastedGraphic_10.png待ちテンパイで迷わずリーチを打った。

ただ、pastedGraphic_10.pngはすでに高宮が2枚切っており、ドラそばということもあって待ちとしては弱そうに見える。

しかし亜樹には「ソーズの上がすごく良さそう」に見えたという。

pastedGraphic_8.pngpastedGraphic_10.pngpastedGraphic_9.pngのメンツよりはドラトイツとかで使われているならpastedGraphic_10.pngは使われづらいかな、と思って」

とはいえ、ドラが固まっているということは誰かの高い手に放銃するリスクも負っているということ。

昨シーズンまでの亜樹であれば、このリーチはかけていなかったような気がする。

 

山には残り1枚しかなかったが、七対子でテンパイしていた瀬戸熊がpastedGraphic_10.pngを掴み、pastedGraphic_13.pngとの比較でツモ切って亜樹への放銃。

裏1枚が乗り、亜樹が8000点を加点した。

 

次局は親の内川がダブpastedGraphic_16.pngホンイツの満貫テンパイを入れるも瀬戸熊のリーチに一発放銃、8000点の失点。

2020シーズンのMリーグは開局から3局連続で満貫が飛び出す、なかなかにスリリングなスタートとなった。

打ち合いの展開となれば、この人の出番が来るのはいわば必然。

昨シーズンのKONAMI麻雀格闘倶楽部の勝ち頭、「ベルセルク」こと高宮だ。

手始めにpastedGraphic_6.pngpastedGraphic_19.pngのシャンポンリーチで亜樹から1300を出アガリ、亜樹の親を蹴る。

そして南1局の親番では自身の手を丁寧に育てて平和ドラ1のリーチをかけ、高目のpastedGraphic_21.pngを自らツモって4000オール、一気にトップ目へと立った。

南1局1本場、亜樹はこの形から内川の打ったpastedGraphic_23.pngをスルーした。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!