Mリーグ2020、優勝はEX風林火山!! 勝又健志が下剋上を成し遂げる!!

Mリーグ2020、優勝はEX風林火山!!

ドリブンズ・村上淳が

形を作るが着順上昇には及ばず、

勝又が下剋上を成し遂げる!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナル最終日、最終戦は村上淳赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。3位まで250余ポイントの大差があったドリブンズは、順位上昇には及ばず。1戦目に大きなトップをとった風林火山がトータルトップで終了。Mリーグ3年目の覇者となった。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎渋谷ABEMAS多井隆晴、そして村上の4名。

試合は勝又のリーチで幕を開ける。チートイツ【1マン】単騎待ち。しかし、親の村上がドラの【7ピン】を暗カン。さらに親からのリーチを受け、勝又の肝が冷える。が結果は、村上が【1マン】を掴んで放銃。カンウラが乗って、勝又のマンガンのアガリとなった。

失点から始まった村上だが、流局を挟んだ東2局1本場には、親の多井のカン【7ピン】リーチにピンズ染めで対抗。ホンイツ【東】の5200を多井から返り討ちに。

さらに東3局1本場では、【西】ポン・【東】ポンからのホンイツのツモアガリで8000点を加点。

次局もリーチ・タンヤオ・ドラ2・赤2を、テンパイを入れていた内川から討ち取って12000点を上乗せして、大きくリード。

しかし、軍師勝又は、南1局の村上の親番をピンフのみの1000点で流す。優勝するにはドリブンズのトップは好都合、自分は局消化に徹すればいいという作戦。

南2局、多井の親番はドラの【發】を鳴いた村上に、内川が放銃して終了。多井ががっくりと肩を落とす。

南3局、内川の最後の親は勝又がダブ【南】・赤1、3900点を村上から仕留め、横移動で終了。

オーラスの勝又の親番は、村上がピンフタンヤオ・赤1をツモアガって1300・2600で終了。

最後の半荘は、トップ村上・2着勝又・3着多井・ラス内川で決着した。

これによりMリーグ2020は216試合すべての日程を終了し、EX風林火山の優勝で幕を閉じた。

風林火山の選手は初優勝を手にし、勝又選手は、

「最高です。まだなんかふわふわしていて、実感がなくて…。よくテレビでスポーツ選手が”実感がなくて”ていうのはこういう感じなんだなって、思います。レギュラーシーズンもセミファイナルも、足を引っ張ってばっかりだったので、最後にチームに貢献できたのはうれしいです」

二階堂選手は、

「胸がいっぱいっていうのはこういうことなんだな、っていう感じですね。昨日からうちのチームに有利な展開で進んでたのをみて、(逆転優勝が)あるかもなという期待が膨らんでっていう状態だったので、今日もいい感じにすすんでいたので”あるな、あるな”と最後まで思い続けていました」

滝沢選手は、

「うれしいですね。ただ最後の方は(勝又選手に)任せっきりで、ぼくが打ったわけじゃないので”よっしゃ、勝った!”っていう感じじゃなくて”うわぁ〜”ってうれしい感じですね」

勝因を尋ねられ、勝又選手は、

「すごい多くのファンの方々に応援してもらって、かなり苦しいポイント状況になってもあきらめずにがんばろうっていう気持ちになれたこともひとつですし、あとは3人が自分の持てる力を出し切ることができたのかなって思います」

二階堂選手は、

「初年度、シーズン始まる前にご祈祷を受けたんですよ。で、昨シーズンは受けなかったんですよ。で、今季はファイナル始まる前に受けたんですよ。で、すごい結果が分かれたので、それのおかげもあるのかなって思います(笑)」

滝沢選手は、

「これですね(ユニフォームのスポンサーロゴを指す)。それと一番近くで世話をしてくれるスタッフの方々が、親身になってやってくれたのでそれが大きかったかなと思います」

チームのファンにむけて、二階堂選手は、

「3年目にしてEX風林火山、やっと優勝することができました。初めての優勝でとても嬉しいんですけど、来年はまた挑戦する立場だと思ってますので来シーズンもがんばっていきたいと思います。ありがございました」

滝沢選手は、

「去年の大敗があって、3人共3位以内に入らなければ馘首になるというルールがあったなか、いい結果を出せたのは自信になって、来年度以降はシステムをちょっと変えていただきたいなと(笑)、ちょっと思いつつ、続いてもそれはそれなんで思いっきりやるだけなんで、いいと思うんですけど、それがひとつお願いですね、ハイ」

勝又選手は、

「シーズン通してずっと、熱い応援ありがとうございました。ほんとにつらい時期もあったんですけど、皆様の応援が勇気だったり力だったりになって優勝することができたと思ってます。まだうまく言葉がまとめられないんですけど、本当にうれしく思ってます。これからも精一杯がんばっていきますので、また応援してもらえたらうれしいです。ありがとうございました」

とそれぞれ語った。

▲インタビューに応じるEX風林火山の3選手

【Result】
1着 村上淳・ドリブンズ 5万3100点/+73.1
2着 勝又健志・風林火山 3万1200点/+11.2
3着 多井隆晴・ABEMAS 1万6100点/▲23.9
4着 内川幸太郎サクラナイツ ▲400点/▲60.4

【Total】
1位 EX風林火山 +242.3(12/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +103.4(12/12)
3位 渋谷ABEMAS +101.7(12/12)
4位 赤坂ドリブンズ ▲59.7(12/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部
6位 TEAM RAIDEN/雷電
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 ファイナルシリーズ最終日&表彰式」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!