理が結果に結びつくとは限らない世界で 魚谷侑未、苦悩の一戦【Mリーグ2021観戦記11/11】担当記者:東川亮

理が結果に結びつくとは

限らない世界で 

魚谷侑未苦悩の一戦

文・東川亮【月曜・木曜担当ライター】2021年11月11日

大和証券Mリーグ、11月も中旬を迎え、セガサミーフェニックスが苦しんでいる。23戦を終え、トップが4回に対してラスが9回。11月11日の第1試合では苦戦が続いていた近藤誠一に復調の兆しが見えたが、勝又健志を捉えきれず2着に終わった。

チームが厳しい状況にある中で仕事をするのがエース。第2試合に登場したのはチームのドラフト1位、魚谷侑未。果たして、チームを救うことはできたのか。

第2試合

東家:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

南家:本田朋広TEAM雷電

西家:二階堂亜樹EX風林火山

北家:沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ

東1局、親の魚谷は3巡目で字牌整理が終了。親番でドラもあり、ダブ【東】も処理して目いっぱいに受けた。この局は完全にアガリに行く局面だ。

終盤までかかったが、タンヤオピンフ赤、高目三色をテンパイ。巡目が深いため、ダマテンに構えてより確実なアガリを狙う。

ただ、本田・沢崎からリーチが来たら話は別だ。元よりオリる手ではない以上、ツモ切り追っかけリーチで打点をつり上げにかかる。

しかし、ツモ切った【7ピン】が本田への一発放銃となったのはアンラッキーだった。リーチ一発ピンフドラで8000の失点。試合の入りでビハインドを背負うことになった。

魚谷は次局も生牌【東】を打ってまで1シャンテンを維持するものの、【8ピン】で亜樹に3900を放銃。オリようと思えば亜樹の最終手出し後に通った【3ピン】を抜く手もあったが、強く打っていった結果、さらに点数を減らしてしまう。

東4局、親の沢崎のリーチを受けた一発目でこの形。沢崎の捨て牌はほとんど端牌で現物はゼロ。自身の手も整っているだけに、魚谷は1シャンテンにとる【2ソウ】を打った。【4ソウ】はドラ跨ぎでリスクが高く、【4ピン】は赤の受け入れや手役・好形変化の種、【2ソウ】【4ソウ】のワンチャンスで通れば2枚打てる、という理由だろうか。

だが、これが沢崎への一発放銃、リーチ一発【白】の9600という手痛い一撃をくらった。沢崎は次局にダブルリーチピンフドラ赤という幸運な12000を亜樹から出アガリ、悠々とリードを広げていく。

南場の親番を迎えたとき、魚谷の持ち点は900点まで減っていた。もちろん、このままでいいはずがない。順位を上げるためには、ここで大きく加点しなければならない。

魚谷は3巡目に【白】をポンして1シャンテン。ドラと赤が1枚ずつあり、5800をアガれれば次につなげられる。

ただ、まずは連荘優先。もちろん【赤5マン】を切っての2900に満足はしていないだろうが、アガれなければ元も子もない。それに、ドラを重ねての打点アップなどのルートもある。

【4ピン】引きで待ちを【7ピン】単騎へ。これで出アガリ5800、ツモれば2600オールの手になった。

さらに【3マン】を大明カン。打点を出アガリ7700まで引き上げる。新ドラで打点を満貫以上にすることも狙っただろう。もちろんリーチを受けるリスクもあるが、さらなる失点よりも打点を限界まで追求する攻撃的な選択だ。

この試合の劣勢を、そしてチームの苦境を打破するために、魚谷はもがいていた。しかし、結果にはつながらない。

南1局1本場、魚谷は【中】をポンしてテンパイ。待ちを【2ソウ】【5ソウ】【4ソウ】【7ソウ】か選べるところで、自身の目から5枚見えの【2ソウ】【5ソウ】待ちではなく、2枚しか見えていない【4ソウ】【7ソウ】待ちに受けた。理屈で言えば正しかったと思うし、実際に待ちの枚数はこちらの方が1枚多かった。

しかし、そこで薄い【2ソウ】の方を持ってくるのも、麻雀ではよくある話である。直後、沢崎に【5マン】【5ピン】という一番よくない部類に入るシャンポン待ちをツモられ、親が落ちた。

魚谷は南2局にペン【3ソウ】待ちリーチを一発でツモって2000-4000、持ち点を1万点台に戻した。迎えた南3局、親番の亜樹との点差は1万点を切っており、逆転は十分に可能。その状況で1巡目からオタ風の【北】をポン、仕掛けで主導権を握りにいく。この後ですぐに引いた4枚目の【北】を加カン、新ドラがダブって【4マン】となり、満貫の材料はそろった。

一気に手をマンズに寄せる魚谷。しかし、そこに亜樹からリーチが入る。

これはピンチであり、直撃を取るチャンスでもある。魚谷は通っていない字牌やワンチャンスとはいえドラ跨ぎの【2マン】など、強い牌を打って押し返していく。

しかしテンパイは入らない。そして終盤、新たな無スジ【6ソウ】をつかむ。【3ソウ】【6ソウ】はワンチャンスとはいえ、【3ソウ】【6ソウ】【6ソウ】【9ソウ】のどちらにも通っていない、極めて危険な牌だ。

魚谷は苦悩する。もちろん、【6ソウ】を打たずに流局で粘ることも考えたはずだ。流局すれば点差は広がるが、放銃よりはマシ。とは言え現状、手の内に安全牌はない。強いて言えば亜樹が2巡目に切っている【7マン】が場に3枚見え、【8マン】【9マン】はワンチャンスになっているが、それも絶対ではない。

魚谷は【6ソウ】を打った。

結果は12000の放銃。この試合を、そして苦戦する11月のセガサミーフェニックスを象徴するようなシーンだった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!