伊達朱里紗、南場の猛追で逆転の3連勝!! 勝又健志をかわし個人成績トップへ!!

伊達朱里紗、南場の

猛追で逆転の3連勝!!

勝又健志をかわし

個人成績トップへ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕31日目、第1戦は伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。試合は瑞原のリードで進行。東場で沈んでいた伊達だったが南場で躍進、ハネマンツモでトップに立つと、オーラスも逃げ切って3連勝。個人首位に立った。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢TEAM雷電黒沢咲U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして伊達の4名。

東1局、黒沢のホンイツ仕掛けと瑞原・園田のリーチに挟まれた伊達が、【4ピン】を切ると瑞原のカンチャン待ちに命中。ドラ1・赤1・ウラ1の8000点。

東2局、親の伊達は南家・瑞原のリーチにペン【7マン】待ちで追いかけるが返り討ちに合う。ピンフ・赤1の3900点と、瑞原が順調にリードを広げる。

いったんはラス目に沈んだ伊達だったが、南場で復活を果たす。南3局に赤2の好配牌が入り8巡目にリーチ。ピンフタンヤオ・赤2の【3ピン】【6ピン】待ち。他家がアガリ牌を吸収するも、【3ピン】をツモって3000・6000。瑞原をかわしてついにトップ目に立つ。

オーラス、【白】【中】トイツを配牌でもらった伊達は、早々に2フーロしてテンパイ。4巡目に親の黒沢からリーチが入るが、自らツモアガって500・1000で試合終了。伊達が3連勝で個人首位に躍り出た。

伊達はインタビューで、

「よかったっていう感じですね。東場で(沈んで)3着になれば御の字かなという展開だったので、安心感のほうが大きいです」

と語った。

【Result】
1着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 3万9600点/+59.6
2着 瑞原明奈・パイレーツ 3万200点/+10.2
3着 園田賢・ドリブンズ 2万3900点/▲16.1
4着 黒沢咲・雷電 6300点/▲53.7

【Total】
1位 EX風林火山 +532.4(30/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +396.1(31/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +212.0(30/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲42.0(30/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲158.4(31/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲229.3(30/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲237.8(31/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲473.2(31/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月25日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!