朝倉康心、待望の個人2勝目!! 11戦ぶりの勝利でPirates、5位に浮上!!

朝倉康心、

待望の個人2勝目!!

11戦ぶりの勝利で

Pirates、5位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕31日目、第2戦は朝倉康心U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。試合はリードする本田を、朝倉が南場の親番でのマンガンツモで捲くって逃げ切り勝利。朝倉が個人2勝目、パイレーツに11戦ぶりとなる4勝目を持ち帰った。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうKONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりTEAM雷電本田朋広、そして朝倉の4名。

東1局は本田の1人テンパイで流局。東2局は朝倉と鈴木のリーチ合戦で、朝倉が鈴木から赤1の2600点を仕留める。

東3局は親の鈴木と北家の本田のリーチ合戦。2フーロしてテンパイしていた朝倉が【9ピン】を切ると、2人から「ロン」の声がかかる。本田のアタマハネで、朝倉が1300点の放銃。一発と親権をハネられた鈴木は痛恨か。

東4局、鈴木と本田のリーチ対決は本田の勝利。ピンフタンヤオ・ウラ1を鈴木から直撃。これで本田がアタマ一つ抜け出す。

しかし南1局1本場、朝倉が自風【東】をスルーからのアンコにして7巡目リーチ。ツモってウラ1の4000オール。本田を抜き去って朝倉がトップ目に立つ。

南2局では【北】ポン、【9マン】ポン、からの赤1・カン【6ソウ】待ちを本田から直撃して2600点。

南3局は【9マン】ポン、【南】ポンからの【5ピン】【8ピン】待ちを鈴木からアガって1300点、と朝倉得意の手数麻雀が決まって、オーラスは全員ノーテンで試合終了。朝倉が個人2勝目、パイレーツに11戦ぶりのトップで4勝目をあげた。

朝倉はインタビューで、

「(チーム4勝目について)まだ4勝目かって感じですね(苦笑)。僕、個人5連ラスとかも経験してるんで、(直近の)3連ラスくらいなんじゃ! って感じで意外と今日は明るく打てたんで、それがよかったんだと思います」

と語った。

【Result】
1着 朝倉康心・パイレーツ 4万2900点/+62.9
2着 本田朋広・雷電 2万9200点/+9.2
3着 鈴木たろう・ドリブンズ 1万4200点/▲25.8
4着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 1万3700点/▲46.3

【Total】
1位 EX風林火山 +532.4(30/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +349.8(32/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +212.0(30/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲42.0(30/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲174.7(32/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲184.2(32/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲229.3(30/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲464.0(32/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月25日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!