「あの局をやり直したい──」それまでの道程も、この思いも、きっと北陸の星の糧となる【週刊Mリーグ2021セレクト11月22~26日】文・須田良規

あの局をやり直したい──
それまでの道程も、
この思いも、
きっと北陸の星の糧となる

文・須田良規 【週刊Мリーグセレクト】2021年11月22日~26日

11月25日(木)の第2試合TEAM雷電からは、今期新規加入の本田朋広が出場した。
ここまでチームの成績は-473.2p

雷電は今日までの不振の状況を打開するために、
初戦はレギュラーシーズン3期連続プラスのポイントゲッター黒沢咲を投入するも、
勝負手のあと1枚がことごとく届かず、痛恨のラス。

ルーキーの若武者の双肩に、浮上のきっかけが委ねられたのである。

雷電は、ここまで萩原聖人瀬戸熊直樹黒沢咲の3人だけで戦ってきたチームだ。

本田は「北陸の役満プリンス」というキャッチフレーズはあるものの、
もちろん無理に大物手を狙うタイプではない。

無難な言い方をすればバランス型と表されることも多いが、
それは自身が地元富山から10年、対局のために東京に通い続け、
競技麻雀の礎を築き上げた結果であると思う。

本田は東場、攻め手も受け手も正に慎重なバランスで、無理なく局を進めていった。

そして東4局、北家の赤坂ドリブンズ鈴木たろうの先制リーチを受け、

この手で真っ向勝負。


見事にマンガンのアガリを勝ち取った。

そして折り返しの南入

本田が悔やんでも悔み切れない、運命の局が訪れる。

点棒状況は東家から、

朝倉康心  26600
本田朋広  39300
鈴木たろう 10100
高宮まり  24000

このとき解説の渋川難波が、

「本田選手は以前、『リードした後に縮こまり過ぎてしまう』と自身のことを語っていましたが、
果たして今日は、ここからもまだ攻めていくのでしょうか」

と話している。

奇しくもそれが、この局の展開を予見する言葉になるのである。

本田の手牌は4巡目に


となっており、打【5マン】でそれなりの形。

実況の日吉辰哉

「攻めるにはおあつらえ向きの手ではないですか?」
と気がはやる。

「そうですねえ──。怖いですけど、ね」
渋川は、本田の心情をなぞるように言った。

そして10巡目、である。

【西】をツモった本田の手が止まる。

全体牌図を見てみよう。
敢えて神の視点で、全員の手牌も公開しておく。

本田は前巡にドラの【1ソウ】も切り飛ばしており、東家朝倉と北家高宮に安全な【1ピン】を残している。
ここに持ってきた【西】は、今朝倉が上家で切った牌だ。

ここで【1ピン】を切る人が多いのは当然だと思う。

ただ本田は【6ピン】【9ピン】のシャンポン形でイーシャンテンだが、高宮が今【9ピン】を切ったところ。

そして朝倉の手を見ると、【3ピン】【6ピン】【9ピン】二度受けがあるリャンシャンテンなのである。

10巡目──。

どこまでこの【6ピン】【6ピン】【9ピン】【9ピン】の形を、引っ張ってよいものだろうか?

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!