勝負を決めたのは解説の人が大好きなあの「手役」! 白鳥の見事な七対子!!【Mリーグ2021観戦記 3/7】担当記者:危険な鬼太郎

勝負を決めたのは解説の人が

大好きなあの「手役」!

白鳥翔の見事な七対子!!

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2022年3月7日

レギュラーシーズンも終わりが近づき、こうなると嫌でも気になってくるのは今年も選手と契約を結ばないチームが現れるのか? 誰が新たなMリーガーに指名されるのか? などの話。

新規Mリーガー候補はやはり解説でもタイトル戦でも大活躍の渋川難波か。ただ… 一つ懸念点もあり、私は去年も「渋川がMリーガに選ばれるんじゃないか?」とか無責任な事を言っていた記憶が薄っすらとある。

今回出ている4選手も不甲斐ない麻雀をしてしまえば来季は渋川と交代だ! とチームから言われる可能性も「0」ではないので、自分の大切さや雀力をチームに大アピールしたい所。

【2回戦】

東家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ
南家:朝倉康心U-NEXT Pirates
西家:勝又健志EX風林火山
北家:白鳥翔渋谷ABEMAS

東1局 親・堀 ドラ【5ピン】

白鳥が【7マン】をポンしてホンイツへと走る。

浮いている字牌をどれか1枚重ねるだけで、すんなりと3900の聴牌が取れそうな良い手牌に見える。

しかし白鳥より先んじて聴牌を入れる事に成功したのはドラを3枚抱えている勝又!

ピンフドラ3の【3ピン】【6ピン】のマンガン聴牌でヤミテンを選択。白鳥の【7マン】ポンはいかにもマンズのホンイツっぽい仕掛けに見えるので、ピンズで他家を討ち取りにかかる。【6ピン】ツモなら一盃口もついて跳満まである。

だが…。この後白鳥も勝又に追いついて聴牌を果たし、

勝又が【白】をツモ切ると、これが白鳥ロン牌。【白】ホンイツで3900の放銃となった。ここ数戦逆連帯が続いている風林火山。今回も厳しい展開が続いている。

東3局 親・勝又 ドラ【6マン】

堀が開局の勝又同様にドラ3の聴牌を入れて、これを即リーチ宣言!

ピンフドラ3の【2ソウ】【5ソウ】待ち。ソウズの下の情報は場に全く出ておらず良いか悪いか全くわからないので、勝又とは違いダマテンをせずに他家の抑えつけと跳満を狙いにいった。

この堀のリーチを受けて親番の勝又が小考。

一見、ドラ赤の勝負手のイーシャンテンに見えるがそれは見せかけ。この終盤でイーシャンテンであり【9ピン】が場に4枚見えで【6ピン】【9ピン】ターツは目に見えて良く見えず、ソウズの状況はイマイチ分からないが場に【8ソウ】が3枚見えているのでソウズの上もぱっと見て薄く見える。

現物の【1ソウ】やマンズの中抜きをすれば降り切れそうなので、ここは渋々降りるのか? と思いきや、

勝又はこの終盤において【7ピン】をプッシュ。変に日和らずに純粋にアガリだけを見て弱い【6ピン】【9ピン】受けを嫌う。これが功を奏し、

勝又は【7ソウ】を引いて【4ソウ】【7ソウ】【8ピン】の変則三面待ちでリーチ宣言! 勝又のアガリ牌は1枚しか山に残っていなかったものの、

リーチ者堀が【8ピン】を掴み、

勝又がリーチ、赤、ドラ、裏の12000を堀から打ち取る。1回戦の松ヶ瀬がアガリが1回も無かっただけに、久々に風林火山のアガリを見たように感じる。

勝又はその後も攻め手を緩めずに1本場では

朝倉から【白】トイトイの7700をアガって加点に成功する。このまま逃げ切れるか…?

東3局2本場 親・勝又 ドラ【5ソウ】

白鳥が解説の土田が大好物のあの手役でリーチ宣言!

みなさんご存じ七対子。待ち牌の【2ピン】は筋で引っ掛けてあり白鳥の捨て牌も変則手にはとても見えないので、他家からはかなり盲点になる待ちに見える。

しかし白鳥のアガリ牌の【2ピン】は堀に暗刻で山には残っていなかった。そして堀は聴牌をも入れる事に成功する。

まぁ【6ソウ】【9ソウ】待ちで追っかけリーチを掛けるだろうなと私は思っていたものの、

堀はなんと白鳥に現物の【7ソウ】を切って降りを選択。正直意外な選択に思えたが、堀の思考としては【6ソウ】【9ソウ】が場に4枚見えでさほど良い待ちに思えず、自分の手牌や場にドラが無いので切り返す事を止めたのだと思われる。

リーチをして高めの【6ソウ】でアガッたところでこっちの打点はリーチタンヤオのみでしょっぱいし、もし白鳥に放銃してしまえば相手が自分の目からドラが1枚も見えていないので、白鳥にとんでもない点数を放銃することになってしまうかもしれない。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!