二階堂瑠美、個人2連勝!! 4勝目をあげて、首位のABEMASを射程圏へ!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

二階堂瑠美、個人2連勝!!

4勝目をあげて、首位の

ABEMASを射程圏へ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の45日目、第1戦は二階堂瑠美EX風林火山)が、トップを獲得。開局の親マンガンのリードを生かして、二階堂が逃げ切りトップ。個人2連勝で4勝目を手にした。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳KADOKAWAサクラナイツ渋川難波TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲、そして二階堂の4名。

起家の二階堂が開局リーチをかけるも、1人テンパイの流局に終わる。同1本場、ふたたびリーチで攻める二階堂。ダブ【東】を暗槓して見事ツモアガリ。ウラ1の4000オールでトップ目に立つ。

以降は二階堂がリードを保ったまま局が進行する。

南3局、親の黒沢がマンガンツモ、5800出アガリと二階堂に詰め寄るが逆転には至らず。オーラス、二階堂は下家の村上の3フーロのジュンチャンにきっちり差し込んで、トップで試合を終えた。

二階堂は個人2連勝で4勝目。風林火山は、首位のABEMASを狙える位置にこぎつけた。

二階堂はインタビューで、

「ツイてましたね。今日もツイてました(笑)。いつも応援ありがとうございます。みなさまのおかげで毎日幸せに過ごせております。Mリーグも、チームのみんなも調子がいいところなので、まだまだ頑張りたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 二階堂瑠美・風林火山 3万8400点/+58.4
2着 黒沢咲・雷電 3万4600点/+14.6
3着 村上淳・ドリブンズ 2万3500点/▲16.5
4着 渋川難波サクラナイツ 3500点/▲56.5

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +453.4(44/94)
2位 EX風林火山 +268.0(45/94)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +159.0(44/94)
4位 U-NEXT Pirates +95.7(44/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲29.7(45/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲246.4(45/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲324.8(45/94)
8位 セガサミーフェニックス ▲375.2(44/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:朝倉康心
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊