ハリーポッターと眉目秀麗な男達【 麻雀最強戦2023 】最強ハンサム決戦 観戦記【B卓】担当 越野智紀

ハリーポッターと
眉目秀麗な男達

【B卓】担当記者:越野智紀 2023年7月23日(日)

最強ハンサム決戦と銘打たれた今回の最強戦は登場シーンから素晴らしいもので

閃光の中から現れた最強戦の申し子

正統派ハンサムの鈴木優

キョロキョロしながら入場する令和無頼

ふわふわ系さわやかハンサムの岡崎涼太

TEAM雷電をオマージュして入場するグラディエーター

手役派ハンサム麻雀の古橋崇志

…。

…。

…ホグワーツ魔法魔術学校から白鳥翔

B卓の戦いはハンサム3・ハリポタ1で開始されました。

東1局

鈴木優が裏ドラを2枚乗せて好スタートを切ると、そこから東場はそれぞれが1回づつアガって迎えた南1局

カン【3ピン】とカン【5ピン】のイーシャンテンになった親の古橋。
ドラ引きに対応している【7ソウ】一盃口狙いの【7マン】はどちらも見切りづらい牌で、苦しいイーシャンテンに受けるよりもピンズを2メンツ想定で手を進めたいところ。

選択肢は【2ピン】【4ピン】【6ピン】の3択。
現状のピンズの受けで一番良さそうなのがカン【3ピン】なので【2ピン】は切れず。
【4ピン】を切ると一盃口の可能性を残すが、カン【5ピン】の場況が悪いと判断して

【6ピン】切りを選択しました。

引き戻した【9ソウ】を残して【7マン】切り。
イーシャンテンになると

狙い通りに【3ピン】が埋まって、そこそこ良さそうなカン【8ソウ】でリーチといきました。

リーチ後の古橋にドラ【5ソウ】ツモ切りが入ると、好形イーシャンテンの岡崎の元にも届いた【5ソウ】
これが三人麻雀なら迷わずツモ切る牌でしたが、本日は最強戦ということで少し考えます。
接戦の南1局において2,000点と3,900点の差は大きく、2枚目のドラを残せば仕掛けても勝負する価値が高まります。
【8ソウ】は場に1枚切れ。
【9ソウ】は古橋が5・6巡目に切っていて場に3枚切れ。
【9ピン】が4枚見えて789の三色も無し。
【3ソウ】も4枚見えていて一気通貫も無し。

入場シーンを思い返せば…

※手役派グラディエーターこと古橋崇志

対古橋戦において気をつけなければいけない手役もこれならば絡まないと【8ソウ】を打った岡崎でしたが

開かれた手は聞いてた話と違った手役の絡まぬカン【8ソウ】
裏ドラも1枚乗って、岡崎が大きいと思っていた接戦での3,900点に飛び込んでしまいました。

古橋連荘で南1局1本場

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \『麻雀最強戦 the movie』発売中!/