【麻雀最強戦2019】優勝は蛯原朗プロ(日本プロ麻雀連盟)!!「アース製薬杯 男子プレミアトーナメント 空中決戦」

本日6月23日(日)13時より、「麻雀最強戦2019 アース製薬杯 男子プレミアトーナメント 空中決戦」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:鈴木ふみ奈/実況:梅中悠介/解説:近藤千雄・山田独歩)。その模様はAbemaTV麻雀チャンネルにて生配信され、蛯原朗プロ(日本プロ麻雀連盟)が初出場で優勝した。

優勝した蛯原プロは、6月30日に行われる「麻雀最強戦2019 男子プレミアトーナメント ファイナル」に出場することになる。

本日の対戦は「麻雀最強戦2019」の第8戦。

男子プレミアトーナメントは、32名の男子プロからただ1人の勝ち上がり者を決める過酷なトーンメント戦。

本日対局したのは次の8名。A卓B卓から半荘1回戦で上位2名が勝ち上がり。決勝戦半荘1回で勝者が決する。

対局者は、
【A卓】 朝倉康心、ZERO、石川遼、齋藤豪
【B卓】石橋伸洋、渋川難波、園田賢、蛯原朗
の8名。

A卓からはZERO・石川が勝ち上がり、B卓からは園田・蛯原が勝ち上がった。

▲A卓1位・ZERO
▲A卓2位・石川遼プロ
▲B卓1位・園田賢プロ
▲B卓2位・蛯原朗プロ

決勝戦は、園田・ZERO・石川・蛯原の並びでスタート。

東1局は石川の300・500のツモ和了り、静かな立ち上がりとなった。

東2局、ZEROが親番で軽快にを仕掛ける。さらにZEROはをチーしてイーシャンテン。
ほどなくカンを引き入れてテンパイ。

しかしアガったのは石川。789のサンショクをヤミテンにして園田から2600を討ち取った。

東3局、その石川の親番。こんどは蛯原が早々にを仕掛ける。
蛯原の手が進行しないまま、7巡目に園田がリーチ。ドラ1のカン待ちを3巡後にツモ和了り。ウラが1枚乗って2000・4000。園田がトップに立つ。

東4局、ZEROがとポンしてホンイツとトイトイの、天秤じかけを見せる。
ZEROの上家の園田がリーチで襲いかかるが、ZEROが宣言牌のをポンしてテンパイ。
そのZEROのペン待ちを園田が掴んで5200の放銃。今度はZEROがトップに立つ。

トップのZEROが28900点持ちで、南入。

6巡目に蛯原が待ちのピンフ・イーペーコーのリーチ。
これに親番でイーシャンテンだった園田が放銃。3900で園田の親が落ちる。

南2局、2巡目に蛯原がペンをチーしてをポン。
これに親のZEROが待ちリーチで襲いかかる。
対する蛯原は待ち。
さらにはドラを雀頭にした園田が待ちでリーチという三つ巴。
この山場を制したのは、蛯原。のみだが、この局面でのアガリは大きい。

南3局は、ZEROがをポンして加カン、さらにをポンしてのトイトイダッシュ。

石川は負けじと2つさらして、一気通貫のペン待ちテンパイ。
さらに園田がのシャンポン待ちでリーチという、三つ巴戦再びという状況。

今局は石川がを掴んで、園田に放銃。裏ドラがそので、8000点の放銃となった。

オーラスを迎えて、各家の点棒状況は次の通り。

 園田 26,500
 ZERO 27,400
 石川 16,400
 蛯原 29,700