勝又健志、 個人最多勝の5勝目をあげて、 EX風林火山が首位に返り咲き!!

勝又健志、
個人最多勝の5勝目をあげて、
EX風林火山が首位に返り咲き!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の31日目第1戦は、勝又健志(EX風林火山)がトップを獲得。勝又は個人最多最多となる5勝目を獲得。

1回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・園田賢、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり、TEAM雷電・黒沢咲、そして勝又

東1局、親の勝又が先制リーチをかけると、ドラ4の手牌をもらった黒沢が勝負放銃。タンヤオピンフ・赤1の親マンガンで勝又が先行する。

同1本場、今度は園田がドラを雀頭にしたピンフ・高目イーペーコーのテンパイで先制リーチ。またも勝負手の黒沢が高目に放銃。ウラが2枚乗って12000。黒沢は2局で24300点という、痛い失点を被る。

南2局には、親の高宮がリーチ・ツモ・ウラ2の4000オールで戦線に切り込んで、トップ目に立つ。

しかし次局、好配牌を得た園田がチャンタサンショク・ドラ1のヤミテンのマンガンを高宮から討ち取って、園田がトップに立つ。

南3局1本場、今度はその園田が放銃に回る。仕掛けて・ドラ1のテンパイを入れていた園田が、勝又のリーチにワンチャンスのを切ると、これがストライク。8300点のアガリで勝又がトップ目に立ち、オーラスは高宮が2着となるハネマンを黒沢からアガッてゲームセット。

勝又が5勝目を挙げた。

勝利者インタビューで勝又は「(個人最多トップについて)あまり気にしてませんが、それだけチームに貢献できているということなので、うれしく思います」と謙虚に語った。

【Result】
1着 勝又健志・EX風林火山 4万1800点/+61.8
2着 高宮まり・KONAMI 麻雀格闘倶楽部 3万1900点/+11.9
3着 園田賢・赤坂ドリブンズ 3万1700点/▲8.3
4着 黒沢咲・TEAM雷電 ▲1万800点/▲70.8

【Total】
1位 EX風林火山 +206.8(31/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +185.1(30/90)
3位 セガサミーフェニックス +18.0(30/90)
4位 U-NEXT Pirates +13.0(30/90)
5位 TEAM雷電 ▲43.2(31/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲79.2(31/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲127.7(30/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲178.2(31/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月18日の対戦は
赤坂ドリブンズvs EX風林火山vs KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs TEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:白鳥翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電

この記事のタイトルとURLをコピーする